読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

嘘にまみれた「私」の脱ぎ方

人から嫌われないために装っていた「私」を脱ぎ捨てて、素の自分で生きていく決意をした私の大暴走をご覧あれ!

【心の整理屋】ご自身の性格についてお悩みだったかおるさんからのご感想

心の整理屋

かおるさんからのご感想

の整理終了後にお送りしたアンケートへの回答です。

f:id:chelsea-labo:20160714193915p:plain

 

【ペンネーム】

かおるさん
【性別】
【年齢】
26歳
【職業】

専業主婦

 

続きを読む

松本一希くんが路上ライブの全国ツアーを敢行中! ツイッターで投げ銭生活の実況動画もアップしています!

私を実況中継!(現状報告など)

つもご家族で小説を読んで下さるご一家のお兄ちゃんがシンガーソングライターをしているんですけど、その松本一希くんが、現在、路上ライブの全国ツアーを敢行中なので、このブログでもご紹介させていただこうと思います!

 

f:id:chelsea-labo:20170324102252p:plain

(※写真はツイッターより拝借)

 

ツアーの内容をかんたんに……

お母さんから口頭で聞いた話なので正確ではないかもしれませんが、

  • 最初に一万円だけ持って出発して、そのあとは投げ銭だけで生活する
  • 各地の名産を食べたりしてその様子を動画で実況中継
  • 47都道府県をぶっ通しで回るわけではなく、何回かに分けて巡業

 

↑写真の左側が一希くん♪

 

こんな感じで面白そうな企画になっているので、地元で見かけたときは、ぜひ立ち止まって聴いてみて下さい☆

 

【新サービス開始】つるぞのが30分間あなたを肯定し続けます!【ワンコインでOK!】

心の整理屋

をりんさんの初級セミナーに参加したとき、ペアの相手からひたすら「いいよ~」「やっちゃえ~!」と肯定してもらう体験をしました。

ただ、言われた通りのセリフを繰り返してもらうだけなのに、不思議と自分の中でに「そっかあ、いんだな~」っていう気持ちが湧いてきて、「やりたいことをやること」「やりたくないことをやめること」に対する抵抗感が弱くなりました。

実際、初級セミナーのあとに、自分の行動を大幅に修正することができました。

 

f:id:chelsea-labo:20170323133216j:plain

こうした経験から、「もっと気軽に誰かに肯定してもらえる場所があればいいなあ」と思うようになり、この度サービスとして提供することにしました。

30分/500円で気軽に試せるので、「誰でもいいから私の味方をして!」という方はぜひお試し下さい。

 

サービス紹介

ークルームのテキストチャットで30分間ひたすらあなたを肯定し続けます。

「こんなことしてもいいかな?」

「嫌だって断ってもいいかな?」

など、自由に呟いて下さい。

内容に応じて私の体験談なども交えつつ、「それでいいんだよ」といった感じの言葉を伝え続けます。

単に同じ言葉を繰り返すのではなく、じっくりお話を聞きながら、真摯にあなたを受け止めます。

 

詳細&お申込みはココナラのサイトからお願いします↓

 

coconala.

恋人を怒らせるつもりで三日間好き放題やってみたら、逆にめっちゃラブラブになってしまった話(照

人間関係(家族・恋愛・友情他)

回の記事の最後に、『私の今週の課題は「好き放題やって彼氏を怒らせる」です(笑)』と宣言したんですけど……

 

f:id:chelsea-labo:20170323114739j:plain

ほんとにやってきたぞー!!!??

 

と、いうことで!

今日はその結果報告をしたいと思います!

 

続きを読む

「どうしたらいいか?」ではなく「好きなようにできない理由は何か?」を考えた方が早い!

潜在意識・引き寄せ・心理学など(全般的なテーマ)

最近、悩んだ末に毎回同じ答えにたどり着くようになってきました。

 

その答えというのは……

 

「好きなようにすればええだけやった!」

 

です。

 

悩んでるときって「どうしたらいいんやろう?」に意識が向きがちですが、実は答え自体はすでに出てる場合が多いです。

ただ、「それをしたら〜なるかも」という不安や恐怖があるので、「でも」を使ってなんとか回避しようとしてしまうんですよね。

 

こういうときは、別の答えを探そうとするよりも、やりたいようにできない理由を見つけて、それを取り除く方法を考えた方がてっとりばやい!

 

  1. どうしたいのか?(どうしたらいいか、ではなく、自分がどうしたら心地いいのか)
  2. なぜ、それができないのか?(それをしたらどうなる?)

 

まずはこの二つを明確にしてみましょう。

 

で、そのあとは、いろいろあるけど……何回かやってる人は難しく考えるよりも、とりあえず飛び込んでみるのが一番です(笑)

 

と、いうことで!

 

私の今週の課題は「好き放題やって彼氏を怒らせる」です(笑)

選択に悩んだら目的を「今」に設定し直す

潜在意識・引き寄せ・心理学など(全般的なテーマ)

選択に悩むのは目的がずれているからなんだなあ、と感じることが最近多いです。

 

どうしたらいい結果になるか?

 

とか、

 

どうしたら周りから責められないか?

 

とか、

 

その瞬間の自分の幸せではなく、未来の結果や周りの反応が基準になっているときは、正解がないのであーでもないこーでもないと迷うのは当然のこと。

 

そこでふと我に返って、

 

「そっか、いま自分が一番やりたいようにやればいいんやった」

 

ということを思い出すと、それまでの悩みが嘘のように消えます。

 

その結果、出てきた「こうしたい!」を実行するのが怖くてむにゃむにゃすることはあるけどね(笑)

 

でも、そこまで来たらあとは勇気を出すだけ!

 

そうしたひとつひとつの積み重ねが、今の自信に繋がっているのだなあ、と。

嫌になったら逃げればいい!? バイトをバックレた経験が勇気に繋がった理由

お金・夢・才能・仕事

間一般的には「何かをバックレる」のは悪いことだと考えられています。

このブログの読者さんの中にも、「バックレるなんてあり得ない」「バックレるなんて怖くてできない」と思っている人がいるかもしれませんね。

私もかつてはあなたと同じ立場でした。そんなクズみたいなことは絶対にできないと思っていたんです。

f:id:chelsea-labo:20170316100206j:plain

でも、あるとき、いろんな事情やタイミングが重なって初のバックレ(笑)を体験することになりました。

結果、そこから私は新しい世界に飛び込んで行く勇気を得てしまったのです。

今日はそんなお話をしてみようかなと思います。

 

続きを読む