嘘にまみれた「私」の脱ぎ方

人から嫌われないために装っていた「私」を脱ぎ捨てて、素の自分で生きていく決意をした私の大暴走をご覧あれ!

「~のに」を「~から」に置き換えてみれば、人を許せない理由が見えてくる!

は我慢しているのに、あの人だけ自由に振る舞うなんて許せない。

私は努力しているのに、あの人だけ楽して成功するなんて許せない。

私は自分だけ幸せにならないように気を配っているのに、あの人だけ幸せをひとり占めするなんて許せない。

f:id:chelsea-labo:20170408125251j:plain

こんなふうに考えてしまう人は、この「のに」を「から」に置き換えてみると、許せない理由が見えてきます。

 

続きを読む

自分の魅力がわからない人へ ~ちゃんと褒め言葉を受け取ってますか?~

の自分を出すのが怖かったり、しんどくてもがんばることをやめられないのは、自分の魅力がわかっていないからです。

そのままの自分に魅力があるのだということが信じられないから、いろんなものを足し算して魅力的に見えるように努力してしまうんです。

私も昔はバリバリそっちの人間でした。

でも、しんどいのは嫌だから、がんばってるフリとか能力があるフリをして自分を大きく見せていました。(詰めが甘いからボロが出まくりやったけど笑)

 

自分の魅力がわからない理由はいろいろあるけど、ひとつには「ちゃんと褒め言葉を受け取っていないこと」が挙げられます。

 

続きを読む

主婦湿疹が教えてくれたこと! 痒みは思考に偏りすぎているサインらしい

は高校生の頃から主婦湿疹に悩まされているんですけど、塩浴(詳しくは⇒脱ステロイド達成!主婦湿疹でボロボロだった手が○○水で綺麗に治った ※軽い傷口の写真アリ )というのをやるようになってからは、だいぶマシになっていました。

 

 f:id:chelsea-labo:20170408125251j:image

 

でも、最近サボりまくっているせいか、症状が悪化してどうにもならなくなってきました。

仕方なく、過去に処方してもらったステロイドに頼る日々です。

 

続きを読む

本気で好きなこと、夢中になれることが見つからないあなたへ

気で好きになれること、夢中になれることが見つからないと相談されることがあるんですけど、そういう人は「最初からめっちゃ好きになれること」を探しているんじゃないかと思います。

 

でも、私だって最初から「小説が好きでたまらない!」という感じだったわけではありません。

始まりは単なる憧れでしかなく、小説のことなんて知らないに等しかったです。

そこから本気で好きになるまでに、15年くらいかかったんじゃないでしょうか。

 

だから、夢中になれることを見つけるには、目の前にある「やりたいこと」や「なんとなく好き」を大事にしていくのが一番だと思います。

思っていたのと違ったり、途中で飽きてしまったり、たくさん捨てることにもなるでしょうが、その中に「もっと深く知りたい」「極めていきたい」と感じられる何かがひとつくらいは見つかるはず!

 

ということで、今日は私が小説を本気で好きになるまでのストーリーをざっくり書いてみました。

 

続きを読む

好きな人に「一人でも大丈夫」と強がることは、相手を拒絶することと同じだった!

人と付き合いたての頃をぼけーっと思い出しながら、当時は今と真逆のことをやってたなーって考えてました。

当時は心屋のことなんてぜんぜん知らなかったので、おもしろいくらい「さげまん」的な行動ばかり取ってたよ(笑)

 

f:id:chelsea-labo:20170329193803j:plain

特に記憶に残ってるのは、「一人でも生きていけるから大丈夫」っていう強がり。迷惑かけませんアピールに必死でした。

頼りにしたら彼の負担になる、そうなったら「重い」って振られるのだと思い込んでたんです。

 

続きを読む

「若さ」への執着を生み出していたのは、「母が父に嫌われていく」という勝手な思い込みだった!

の中には自分でもコントロールできないくらいの「若さ」への執着があります。

今はだいぶ落ち着きましたが、ひどいときは少し砂糖を口にしただけで、「どうしよう。やってしまった……」と不安で何も手につかなくなる状態でした。

そのころの私は「若く見えること」がいいことで、誰もがそれを望んでいるのだと思い込んでいました。

f:id:chelsea-labo:20170329110254j:plain

去年、心屋認定カウンセラーのらいくみさんのカウンセリングを受けたんですけど、そのときにもこの話を聞いてもらいました。

 

すると、

 

「なんでそんなに若く見られたいんだろうね?」

 

という、不思議そうな反応が返ってきました。

 

続きを読む