読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

嘘にまみれた「私」の脱ぎ方

人から嫌われないために装っていた「私」を脱ぎ捨てて、素の自分で生きていく決意をした私の大暴走をご覧あれ!

素直に疑問をぶつける姿勢を持てば、人間関係はもっとシンプルになるかもしれない

母とお出かけすると、いつも道のことで言い合いになります。 お互いに方向音痴なんですけど、私の方は下調べをした上でスマホのナビを使うので、そこまで極端に迷うことはありません。位置を特定するために電波が届きにくい地下街なんかは苦手ですけどね。 …

現状に不満たらたらな父が不満だと怒っていた母が爆笑した理由

今日は朝から父が事務所を空けていたので、出勤前に実家へ寄って母とおしゃべりしていました。 母と話すと高確率で父への不満を聞かされることになるのですが、今日も主なテーマは「父がいかにダメな男か」というものでした。

欲は自然に出した方がいやらしくない! 素直に甘えて受け取ることで自分が純粋だと感じられるようになりました

昨晩の寝入りばな、恋人から鼻の穴にイカの燻製(ソフトタイプ)を突っこまれたつるぞのです。どうもこんにちは。 『ゲスな女が、愛される』(心屋 仁之助著 / 廣済堂出版) を読んでから、”お金でもなんでも他人からの行為は気持ちよく受け取る”ということ…

無理をしないことは「相手を愛する行為」! 尽くす女が愛されない理由

詳しいレビューは別ブログ(『目からウロコの恋愛論! 思いどおりの恋愛を手に入れる秘訣はただひとつ「自由奔放」に行動することだった 』)に掲載していますが、先日こっちのブログでもちょこっと話題に上げた『ゲスな女が、愛される』(心屋 仁之助著 / …

「思いやり」という言葉の持つ強制力に振りまわされないで! 人間は罪悪感を刺激されることに弱い生き物です

今日は朝から地元のJAの野菜市とすぐ近くの高級スーパーをはしごしました。そのスーパーは質のいい商品が豊富にそろっているのですが、他のお店と比べて価格帯が上なので、SALE品や調味料だけを買うことにしています。 大根の入った重い買い物袋を提げてレジ…

精神世界と現実世界のバランスを上手に取りながら人間関係の問題を解決するには?

私がそうだったのですが、スピリチュアルの世界に夢中になりすぎると、現実世界との関係がおろそかになってしまうことがあります。 私たちは、ふつう「りんごが食べたい」と感じたら、お金を待って果物屋さんやスーパーに買いに行きますよね? でも、スピリ…

それって「気持ちの押しつけ」じゃないですか? 無駄な努力をやめてストレスフリーになろう

最近、結婚している女性から料理について似たような悩み(愚痴?)を聞かされることが多いです。 細かく分けるといろんなパターンがあるんですけど、要は「温かい状態で出した料理を冷めてから口にされるのはイヤだ」っていうことらしいです。 ある人は、「…

あなたのせいで女性の口癖がどんどん悪くなる! 彼女や奥さんの前では丁寧な言葉遣いを心がけましょう

私は極端に言葉遣いの汚い人が苦手です。 相手が男性でも女性でも、あまりに言葉遣いが悪すぎると話していて気分が悪くなります。同じ愚痴でも、「あいつマジうぜぇ。頭いってんじゃねぇの」って言われるのと、「ほんとあの人苦手なんだよ。頭の回転悪いし」…

完ぺきな自立を目指すほど人は孤独へと追い込まれていくものなのかもしれない

依存的な生き方から抜け出すために、ここ数年、私は一人で生きられるようになることを目標にしてきました。 その甲斐あって、精神的にも生活的にもかなり自立できたのですが、最近になって、完ぺきな自立を目指せば目指すほど、人は孤独になっていくものなの…

父に聞いた「かしこい宗教勧誘の断り方」がいろいろ応用できそう!

最近、身近で宗教にまつわる恐ろしい事件が起こりました。 いい機会なので、父から聞いた「かしこい宗教勧誘の断り方」についてご紹介したいと思います。 この方法、他のことにもいろいろ応用できそうなので、後半でそれについても書きます!

ラスボスの父との会話を例に対応の仕方の理想と現実について考えてみた

うちの父親は一癖も二癖もある人です。(あくまでも私の価値観において、ですが) とにかく威圧的で常に上から目線の超俺様系。わたしと関わりのある人間の中では厄介度ナンバー1で、ラスボス的存在なのです。 「このおっちゃんさえ攻略すれば、たぶんほと…

人間関係の基本は「そのまま受け止める」こと! 人は「わかってくれない」と感じると不満や愚痴が止まらなくなります

私は家族に対してよく不満をもらします。心の中で「やめよう」と思っていても、割と冷静になっていても、一言口にした途端に止まらなくなります。 ほんとうにくだらないことばかり言ってしまうので、いい加減自分自身にうんざりしているのですが、それでもや…

「不自由さ」の原因は自分だった! 勝手に制限をかけてモヤモヤしていた話

先週、恋人さんとの関係に「不自由さ」を感じて、ちょっとモヤモヤしていました。 今、創作が乗りに乗っている最中なので、「料理も洗濯も放棄して、誰にも邪魔されずに小説が書きたい!」というのが本音なんですけど、週末に恋人さんが泊まりに来るとそうい…

もし私が育児ノイローゼに苦しむ妻or妻の鬼嫁化に悩む夫だったら

私の恋人の友人(お子さんが生まれたばかりの男性)が、最近『家に帰っただけで怒られる』(鍵を開ける音で赤ちゃんが起きてしまうそうな)と嘆いていたそうです。 「そりゃひどい!」 と思いながらも、おそらく育児と家事で寝る時間も自分と向き合う時間も…

夫や彼氏の自由な振る舞いにイライラするのは、『自分が自由に振る舞えていない』から!

夫や彼氏が自分以外の人と、あるいは1人で遊びに行くことに対してイライラしてしまったことはありませんか? 本日はこちらをテーマにお話ししたいと思います。

「与えることが愛説」VS「尽くし過ぎると逃げられる説」

スピリチュアル関係の本では、『与えることこそが愛だ』という説をよく見かけます。他に、『与えたものを受け取ることになる』とか、『受け取るのではなく与える方が先』という考えについても、多くの人にとって馴染みの深いものだと思います。 ……この考えを…

相手の言葉から「自分がどう思われているか」を推測する癖をやめると人間関係のストレスが減る

私には、相手からの言葉を深読みして、勝手に傷ついたり怒ったりしてしまう癖があります。 例えば、食事の準備が遅れているときに「あー、お腹空いた」と言われると、「早くしろよこのボケが!」という風に脳内変換されてしまったりします。 (※例えはやや大…

欲しい言葉を引き出すためではなく、「伝える」「知る」ための会話を!

こんな言葉が癖になってしまっている方、いませんか? どうせ私は可愛くないよ そのうち私に飽きるよ 私のこと嫌いになったんでしょ こうした言葉の裏には、『愛情』ではなく『不安』が潜んでいます。

女性は要注意!共依存体質を利用した恋愛マニュアルが男性向けに公開されている事実

共依存という言葉をご存知でしょうか? 『アダルト・チルドレンと家族』によると、共依存とは、『他者に必要とされることで、自分の存在意義を見出すこと』だそうです。

女の浮気は自己防衛!?あなたが浮気を繰り返してしまう原因は自尊心の低さにあった

私の周りにいる女友だちには、浮気を繰り返している(いた)子が多いです。それについて長年、「どうしてそんなことをするんだろう」と疑問に思っていました。 私自身は浮気と呼べるほどの浮気に走ったことがないので、どちらかというと、「浮気なんて間違っ…

夫婦・恋人間にある不満は『星の王子さま』に出てくるバオバブの芽のようなもの

童話『星の王子さま』に出てくるバオバブの木をご存知でしょうか。 実存する植物なのですが、物語の中では王子さまの故郷の星を壊してしまう脅威として描かれています。

会話中に感情的になりやすい人は「この人はこういう人だから仕方ない」とあきらめてみるといい

話していてつい感情的になってしまう相手はいますか? 私は母親がそうで、毎日のように些細なことで口喧嘩をしています。

振り回される方が悪い!?振り回されやすい人は自分のペースを守り抜くことを心がけて

恋愛関係でも友人関係でも振り回されやすい人っていますよね。(私です!) そういう人は、「振り回してくる相手をなんとかするしかない」と考えがちですが、相手を変えなくても、自分次第で振り回されなくなることは十分に可能です。

受け止める覚悟がないのなら、恋人(好きな人)の過去は聞かない方がいい

恋人や好きな人につい余計な質問をして、知りたくない過去を知って凹むという経験をしたことはありませんか? 今日のテーマは『恋人(好きな人の過去)』についてです。

私が『愛し合うという言葉は許し合うという言葉に等しい』と感じる理由

恋人の中で自分が理想化されている、と気づいた瞬間、私はその相手と一緒にいることが嫌になります。 出来上がってしまったイメージから外れたことをしてがっかりされたり、その枠内に押し込めようとコントロールされることが苦痛だからです。 これまで恋愛…

求められたくないのなら、先回りして相手の欲求を満たしてあげればいい

前回の記事(『人に甘えられるとイライラする人は、「自分も甘えたい!」という想いを押し殺しているのかも 』)で、人に甘えられたり何かを要求されたりするとイライラしてしまうという話しました。 これについて、ちょっとした解決法を発見したので、今日…

人に甘えられるとイライラする人は、「自分も甘えたい!」という想いを押し殺しているのかも

わたしは人からあれこれと要求されることが大嫌いです。 相手が家族であろうと友人であろうと恋人であろうと、言われた瞬間「イラッ」としてしまいます。

嫌いな人が多いと損!好きな人を増やして毎日をストレスフリーに過ごす方法

突然ですが、あなたは人に対する好き嫌いが激しい方ですか? 私はかなり激しくて、そのためこれまでに多くの敵を作ってきました。

恋愛で不安になっているときは、「愛してもらうこと」に意識が向きすぎている

こんばんは。今日は久しぶりに日記風の記事を更新してみようと思います。 テーマはみんな大好き『恋愛』です。 六~七年ぶりにまともな恋人ができたわけなのですが、相手のことを好きになりすぎて、このところバランスを崩し気味です。「もう他には何もいら…

男がみんなピチピチの若い姉ちゃんを求めているとは限らない!

25歳を過ぎたあたりから、「そろそろ需要なくなるで」とか「はよ結婚せな行き遅れるで」と言われる機会が増え、気づいたら年齢の話に敏感になっていました。 そのせいか、ネットなどで、「男は遺伝子的に若い女を求める生き物だ」なんて情報が目に入るたびに…

大半の人が引くような「価値観」でも、受け入れてくれる人は受け入れてくれる

子どもを見ると「可愛い~!」と近寄っていく女の子って多いですよね。 わたしはそういう場が苦手でした。なぜなら、子どもに対して、反射的に「可愛い!」と感じることができなかったからです。

自分の欠点を好きになれたら人から傷つけられる心配がなくなる

私はかつて、欠点だらけの自分が大嫌いでした。 そんな私がいわゆる自愛メソッドというものを始めたのは、『自分の欠点を嫌悪する気持ち』が本来の望みを実現する障害になると知ったからです。

干渉しすぎる親対策!仕事・学校・恋人・友人の話はしないのが一番

「あんな彼氏(彼女)とは早く別れなさい」 「この会社、給料が安すぎるんじゃないの? こっちの求人の方が絶対にいいから、こっちにしなさい」 日頃から、親にこんな言葉をかけられてイライラしてはいませんか? 『うんうん』と頷いたあなたに、今日は『親…

百害あって一利なし! 指摘することで相手の欠点が改善される可能性は0に近い

不毛なやり取りになるとわかっていながら、つい友人や恋人の欠点を指摘したくなることってありますよね。 私もたまにやらかしてしまって、あとから後悔することがあります。 そこで、何度目かの反省のときに、『人はどうして相手の欠点を指摘したくなるのか…

人間関係の問題はテーマを絞って一つずつクリアしていった方が効率がいい!

昔、ある絵の描き方について書かれているサイトで、『今日は手、明日は足を上手く描く、といった感じで一つずつクリアしていくといい』というアドバイスを目にしたことがあります。 今日はこれを人間関係に生かす方法をご紹介しようと思います。

自分を見失わないで!相手の要求を受け入れるか否かの権利は自分にある

恋人から「○○して欲しい」と要求されたとき、あなたはどう反応しますか? もし、無理をしてでも相手の要求に答えてしまうという人は、一度異性との付き合い方を見直した方がいいでしょう。 真面目な人ほど「私(俺)がダメ人間だから直さなくては!」と頑張…

恋愛テクニックの罠!嫉妬は信頼関係を破壊する原因に……

恋人の気を惹くためにわざと嫉妬させるような言動を取ってはいませんか? 「心当たりがある!」というそこのあなた、そのまま続けていると恋人との信頼関係が崩壊する恐れがありますよ!

あなたが不幸な恋愛を繰り返す原因は『快』『不快』の逆転にあった!

本日の記事は女性向けになりますが、男性の方でも『父親』を『母親』に置き換えて読んでいただくことで、何かしらヒントにはなるかと思います。 さて、本題に入りましょう。 まずは下のチェックリストをご覧ください。 熱しやすく冷めやすい 好きになり始め…

コミュ障じゃなくて、共通の趣味がない人との雑談が苦手なだけじゃない?

長い間、自分はコミュ障だと信じ込んできました。 きかっけとなったのは、高校卒業後に付き合い始めた元彼から言われた一言です。

相手を怒らせることはジェンガ遊びに似ている! だから必要以上に落ち込まないで

こんにちは、今日も脱力系のつるぞのです。朝からポットのお湯のことで母から延々と小言を聞かされました。 詳細はご想像におまかせします☆ さて、本日のテーマは『怒り』についてです。

周囲のサポートを受けることで『貢献』?人に頼ることが楽しくなる思考転換

毎日をイキイキと生きることができないられない人に共通して見られるのが自己評価や自尊心の低さです。 自分に対する肯定感が低いと、いくらアフォメーションやイメージングで自分を持ち上げても、ふとした拍子に元のネガティブ状態に戻りやすいかと思います…

人間関係を円滑にするポイントは『自分から相手を受け入れにいくこと』

発達障害の当事者同士で集まって、お茶やお菓子をいただきながら話し合う自助会というものに初参加してきました。 行く前はいろいろと不安でしたが、同年代の人が多くて学校みたいな雰囲気でした。単純に楽しかったというのもありましたが、得たものも大きか…

引きこもっていても出会いはあるけど選択肢が少なすぎる

言われてみると当たり前なのに、自分では気づかないことってありますよね。 最近、わたしがはっとさせられたのはこちらの記事です。 独身お一人様は外にGO!引き籠ったら出会いがない! - 風の他人の姫姉様minimote.hateblo.jp 家に引きこもっていたら出会い…

人間関係に変化?自分は何も変わってないのにコミュニケーションをスムーズに行えた理由

先日、私が所属している文章の学校のスクーリングに参加してきました。スクーリングでは、全体で講座を受けたあと、クラスごとに分かれて合評会(選ばれた作品を読んで全員で”愛情を持って真剣に”批評し合う会)が行われました。 私はこういったグループで話…

「批評」も「正論」も愛情の大敵!「どちらが正しいか」ではなく相手を理解する姿勢が大切

ひとり暮らし初日の話。 夕食や洗濯を終えて、ほっと一息つくと同時に、食後に台所で母と二人過ごした時間を思い出して、お恥ずかしながら少し泣いてしまいました。

愚痴を聞くのは優しさじゃない!友人やパートナーの悩みを上手に受け流す技術

私は中学校時代から友人の相談に乗ることが多かったです。そのうちに、相談する側・される側という形でしか人間関係を作れなくなってしまって、気づくと周囲は悩みを抱えている人だらけになっていました。 できる範囲でアドバイスをすることもありましたが、…

「派手な子」ばかりの環境に悩むAさんへの処方箋

更新をお休みしますと言った直後ですが、一件だけ気になるご相談が届いていたので、それだけ記事にしておきます。できる範囲で簡単にまとめますので、後ほど書き直すかもしれませんが、少しでも参考になれば幸いです。 相談内容 匿名希望なら記事に載せてO…

名探偵Pさんへの処方箋 ~価値判断を自分に戻すエクササイズ~

メールフォームから記念すべき一通目のお手紙をいただきました。 匿名でなら内容に触れてもOKとのことですので、さっそく記事にさせていただきます。仮に送信者さんをPさんと命名しておきます。 (どうでもいい話ですが、Pというアルファベットから数学…

もし、母親から「離婚を考えている」と打ち明けられたら、あなたならどうしますか?

まさか自分が離婚騒動に巻き込まれることになるとは思いませんでした。ちょっと前に『熟年離婚』なんて言葉が流行りましたが、自分の両親に限っては有り得ないとスルーしていましたね。その一方で、『お母さん、よく耐えてるなー。私だったら家族捨てて離婚…

ネガティブな人が周囲に及ぼす悪影響は絶大

先日、五年ぶりに祖母の家に遊びに行ってまいりました。色々と事情があって祖母の家にはずっと近づかないようにしていたのですが、少ししがらみが解けてきたので、一度顔くらい見ておこうと思い立ったのです。 祖父母はともかく、一緒に住んでいるバツイチ独…