読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

嘘にまみれた「私」の脱ぎ方

人から嫌われないために装っていた「私」を脱ぎ捨てて、素の自分で生きていく決意をした私の大暴走をご覧あれ!

食事中に愚痴をこぼしていませんか?

心と体のバランス・自律神経

このブログの読者さんの中にも、食事中につい愚痴をこぼしてしまうという方が多いんじゃないでしょうか? 実は私の母もこのタイプです。そして、私も会社員をしていたころは、食事の相手をしてくれている母に向かって愚痴ばかり吐いていたように思います。

言う方にとっても聞く方にとってもマイナス!

でも、これってお互いにとってすごくマイナスなんですよね。愚痴を聞かされて良い気分になる人はいないでしょうし、本人も愚痴ることで嫌な出来事を脳内で再体験することになってしまうので、よけいにしんどい時間が長引いてしまいます。人に話すことで多少スッキリもしますが、私の場合はその後の「また愚痴ってしまった」という罪悪感も大きかったです。ひどい時はそのことが頭から離れなくなってしまって、イライラして眠れないなんていう日もありました。潜在意識的にも、悪い出来事に焦点が当たってしまうので、現実にも悪影響が出かねません。「イライラすればするほどさらに悪い出来事が起こった!」なんて経験、みなさんもありませんか?

 

なぜ食事中がダメなのか

それはズバリ逃げられないからです。居間でくつろいでいるときなら、愚痴を聞くことに疲れた時点で上手いこと相手から離れることができますが、食事中に席を立つのはなかなか難しいものです。

強制的に聞かされる愚痴ほどストレスになることはありません。家族のことを大切に思うなら、せめて食事中の愚痴は控えるようにしましょう。
ということで、愚痴は言わないに越したことはないし、だからといってずっと心の中で悶々としているのも良くないので、さっさと頭の中から追い払うようにしましょう。


意識するだけで出来るイライラ払拭法

方法は簡単です。イライラしているなと感じたら、考えるだけで楽しくなるようなこと……

 たとえば、

・好きな人のこと

・誰かに言われて嬉しかった言葉

・楽しい予定のこと

こういったことを考えるだけでOKです。

私もやる前は「そんなことくらいで無理でしょ」って思っていたんですけど、実際にやってみると効果はテキメンでした。ポイントは気づいた時点でいかにイライラの原因に対する考察を捨てて楽しい考えに切り替えられるかです。もし可能なら、パソコンのデスクトップや部屋の目につきやすい場所などに「イライラしたら楽しいことを考える」と書いたメモなどを貼っておくと良いでしょう。