読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

嘘にまみれた「私」の脱ぎ方

人から嫌われないために装っていた「私」を脱ぎ捨てて、素の自分で生きていく決意をした私の大暴走をご覧あれ!

自己否定感が強いあなたに贈る『よく頑張りましたライフログ』の付け方

心と体のバランス・自律神経

己否定感が強すぎて、身動きが取れなくなっていませんか?

上の質問で『YES』と答えたあなたを救うために、今回は自己評価を上げる方法をお教えしましょう! 

 

f:id:chelsea-labo:20150705141503j:plain

 

この方法で私はこんなに大変身しちゃいました!

ではストイックすぎて行く先々でお坊さんにスカウトされる私も(※嘘です)、以前はただの無気力でだらしのないぐぅたら女でした。これからご紹介する方法にどれくらいの効果があるのか伝えるために、過去と現在における私の行動パターンを示しておきます。

 

before:

  • 時間を無駄に潰してしまったことへの反省で一日が終わる
  • 朝起きて「今日こそは」と思うものダラダラした生活を変えられない
  • 焦りばかりが増して、何から手をつければいいのかパニックになり、結局何もできない
  • ダメな自分について思い悩むことに膨大な時間を費やす

 

after:

  • 何もしなかった日でも満足して眠りにつけるようになった
  • おかげで翌朝のモチベーションも下がらない
  • 自然と意欲が出てきた
  • 優先順位をつけて効率よく仕事を片付けられるようになった
  • 悩む時間がほとんどなくなり、建設的な時間の使い方ができるようになった

 

beforeで見事なまでのダメっぷりを披露してしまいましたね。でも、同じような状況に苦しんでおられる方は多いのではないでしょうか? 

そんなあなたに断言します。この方法を確実に実行すれば、その生ぬるい地獄から必ず抜け出せます! 私が証明です(あ、これ、某CMのフレーズだ・・・)

それでは、次の項目から具体的な方法の説明に入ります。

 

「よく頑張りました」ライフログをつけよう

法はとっても簡単。携帯のメモ帳でもノートでもいいので、ライフログをつけるだけです。

※ただし・・・

反省は不要!

その日やったことだけを、簡単にリスト形式で書いていって下さい。

例えば、今日の私の場合ですと・・・

  • 合計1時間歩いた
  • 母親の名刺のデザインを考えた
  • 整体院に行った
  • 小説を五枚書き進めた
  • 扇風機を一台掃除した

こんな感じになりますね。

別に抜けがあってもかまいません。一日の終わりに「今日は何やったかな?」と思い出してみましょう。これだったら、一分もあればできますよね? 

物事を続ける秘訣は「なるべく短時間で簡単に」済ませることです☆

 

そして、とにかく褒めまくる

ストを書いたら、今度はとにかく自分を褒めまくって下さい。なるべく声に出して「よし、今日はあれもこれもやったぞ! 私、エライッ!! よく頑張った!!!」と、大げさなくらい達成感を味わいましょう。チョコレート一粒くらいのご褒美を用意してもいいかもしれませんね。

 

何もしていない、なんてことはない!

こで、ニート状態を抜け出せずにいる方は、「やったことがないから書けることがない」と思われたんじゃないでしょうか?

でも、ちょっと考えてみて下さい。人間、生きている限り何らかの行動はしていますよね?

例えば、

「よく眠った」

これだって立派な行動です。

え? バカにしてるのかって?

とんでもない! 私がライフログを始めた頃は、毎日のように「よく眠った」って書いていたんですから!

眠ることはとても重要です。なぜなら、眠っている間に自然治癒力が、身体の不調から精神状態まで幅広く修復してくれるからです。

あなたが意欲を失っているのは心が何かしらダメージを受けているからです。だから、眠ることで自分の心を回復するという重要な作業を行った自分を、思う存分褒めてあげましょう。あなたはよく頑張りました!

 

褒められると自己評価が上がる→自己評価が上がると意欲が出てくる

当にたったこれだけでダメ生活から抜け出せるの? と半信半疑なあなたのために、ちょこっとだけ補足をしておきます。

  1. 人は褒められたり達成感を味わうと自己評価が上がります。それは自分で自分を褒めた場合も同じです。
  2. 自己評価が上がると、何をするのも楽しくなってくるので、自然と意欲が出てきます。「頑張らなくちゃ!」と自分を奮い立たせて努力するのは大変ですが、意欲さえあれば楽しむことがそのまま努力に繋がるので、人生が常にハッピーモードになります♪
  3. もう一つのポイントは、翌朝の気分に影響する睡眠前の思考を『その日やったこと』に注目させているところです。こうすることで、翌朝目覚めた時に、自然と「ああ、昨日もよく頑張ったな。よし、今日も頑張ろう!」という気分になります。子供だましみたいですが、これがモチベーションにつながります

 

おわりに

生、ゆるいくらいがちょうどいいんです。明日は今日より一ミリだけ頑張る。その翌日はさらに一ミリ。そうやって小さな前進を続けていくうちに、自然と成長度合いは加速していって、気づいたら今のあなたの理想通りになっていますよ。

コツさえつかんでしまえば、人生は最高に楽しい遊びです。歯を食いしばって努力するよりも、目の前にある気づきのヒントを見逃さないように、一日一日を丁寧に生きていきましょう。

最後までお読みいただいてありがとうございました。