嘘にまみれた「私」の脱ぎ方

人から嫌われないために装っていた「私」を脱ぎ捨てて、素の自分で生きていく決意をした私の大暴走をご覧あれ!

引き寄せの法則は本当に存在するのか?

き寄せ関連のメソッドを実践していく上で、多くの人が気にするのは「本当に効果があるのか?」という部分だと思います。

私自身、真偽を見極めるための判断材料が欲しくて、本やブログ、それから2ちゃんねるなどに投稿された体験談などを読みあさった過去があります。

 

f:id:chelsea-labo:20150705141759j:plain

 

体験談を読むことで得られる効果

は体験談を読むこと自体は有意義だと思っています。他人の体験談に触れることで得られる、「そんなパターンもあるのか!」という発見は、自分の願望実現を妨げている『固定観念』を手放すことに繋がるからです。

ただし、これは自分がすでに引き寄せの法則を信じているということが前提の話です。真偽を見極めるという目的で読むことはマイナスになる可能性が高いので、できれば避けたいところです。

 

他人の体験談は真偽の見極めの役には立たない

なたが人の話を信じやすいタイプの人間なら、体験談を読むことで一旦は引き寄せの法則の存在を確信できるかもしれません。しかし、それは一時的なものです。

せっかく本気で取り組む気になっても、あなたはすぐにまた元の懐疑的な気分に戻ってしまうことでしょう。

実際に私はこういう経験をしたことがあります。その度に安心したくて体験談を読みあさるのですが、以降同じことの繰り返しでした。どんなに説得力のある言葉で書かれていても、所詮は顔も知らないような他人が書いたことです。相手が嘘や誇張した話を書いている可能性は否定しきれるものではありません。たとえ、書き手が偉大な成功者であったとしても、「彼は特別な人だから、私が同じようにやっても効果はないかもしれない」というように、信じない理由はいくらでも見つけられてしまうものなのです。

 

重要なのは『実体験』

かし、『懐疑心』は引き寄せの法則の力を弱めてしまいます。『思考が実現するなんてありえない』というマイナスのエネルギーを四六時中放射し続けることになるので当然ですよね。

では、どうすれば疑うことをやめて、願望の実現に集中することができるのでしょうか?

それは、『実体験』を重ねることです。人の話はいくらでも疑えますが、自分で体験したことは疑いようがありません。一円を拾ったなんていう小さな実体験でも、重ねていくうちに確信はどんどん強まることになります。

わかりやすくお金の話を使いますが、1円を引き寄せたら次は10円、10円を引き寄せたら次は100円・・・といった調子で、徐々に引き寄せるものを大きくしていくのが無理なく続けるコツです。

 

最初の実体験を得るには

こで問題となってくるのが、『実体験』をしたことがない状態でどうやって引き寄せるのか? ということです。

これは最初の引き寄せ対象に”自分が一番信じやすいこと”を選ぶことでクリアしやすくなります。もし、何かジンクスを持っているならそれを利用してもよいでしょう。それがない人は、『ゾロ目のナンバープレートを見る』とか『黒猫を見かける』といった”偶然起こる可能性が高いこと”を最初のターゲットにしてみましょう。

最初は偶然で片付けられても、回数を重ねるごとにそうは言えなくなってきます。

 

記録の習慣が不安になったときのあなたを救う

れは過去にも提言していることですが、日々の中で得た『実体験』はどんな些細なことでも一つ残らず記録するようにした方がいいです。形式は日記でも箇条書きでも何でもかまいません。

ついでに、自分が何を思考したのかという記録もとっておくと、それが現実になったときに見逃しにくくなります。特に実践歴の浅い人は、貴重な『実体験』をスルーしてしまわないために、必ず記録を取るようにしてください。

私は今でもたまに『本当にこんなことを信じていいのだろうか?』と不安になる瞬間があるのですが、この記録のおかげですぐに自信を取り戻すことができています。

 

まとめ

初は色々とむずかしく考えてしまいがちですが、要は思考することで一旦ゴールを設定したら、あとは普段と変わらない日常を過ごしていればいいんです。今日という一日をできるだけ楽しみましょう!