読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

嘘にまみれた「私」の脱ぎ方

人から嫌われないために装っていた「私」を脱ぎ捨てて、素の自分で生きていく決意をした私の大暴走をご覧あれ!

本の買取サービスを利用してみたら意外と高く売れた(bookstation編)

は読みたい本はほとんど図書館で調達しているのですが、本を読み始めたばかりの頃はブックオフで手当たりしだいに購入していました。そんなに所有している感覚はなかったのですが、数えてみると100冊以上もありました。どうりで本棚に収まり切らないわけです。

 

初めての古本買取ーbookstation編ー

こで今回、思い切って本屋さんに買い取ってもらうことにしました。初心者なのでどこが良いのかわからず、ネットの比較サイトなどを参考に、古い本や人気のない本でも安定した金額で買い取ってくれそうなbookstation(ブックステーション)さんにお願いすることにしました。

ダンボールもガムテープも送料も無料で、集配は佐川さんが家まで集荷に来て下さるのでとても楽チンでした。身分証明も佐川さんに保険証を提示するだけで完了でした。

 

査定結果

動承認(「査定結果に関わらず売ります」というシステム。値段に不満があってもキャンセル不可)を選択したので買取金額5%UPした上に、50点以上の買取だったので250円のボーナスまでついて、54冊で計2005円になりました。

 

f:id:chelsea-labo:20150201180116g:plain

 

内容は、8割が中古購入の文庫本、残りの2割が、二十年以上前に購入した単行本、古い資格試験のテキスト、弟の大学時代のよくわからない教科書などでした。せっかくなので家族からもいらない本を集めたのです。

全部でいくつ送ったのかわからないのですが、どうやらほとんどの商品に値段がついたようです。

最低1000円は欲しいな、1500円くらいになったら儲けものだなと思っていたので、2000円という金額にとても満足しています。

今朝アップした叶えたいことリストの、

  • ブックステーションに送った古本を思ったよりも高値で買い取ってもらえた

という願いがさっそく叶いました。希望金額を書いていなかったので信ぴょう性に欠けてしまったのが残念ですが・・・。

 

まとめ

どうせ安い金額だからと不要な本を捨ててしまう方が多いですが、数が集まればそれなりの金額になりますし、意外なものに高値がつく場合もあります。オンラインの買取サービスを利用すれば、ほとんど手間もかかりません。それに、お店に持ち込むよりも高額で買い取ってもらえるみたいです。(店舗を持つよりも経費がかからないからだそうで)

なので、本棚の中に「今後読み返すことはないだろうな」という本が眠っている方は、ぜひこの機会に買取サービスを利用してみて下さい。