嘘にまみれた「私」の脱ぎ方

人から嫌われないために装っていた「私」を脱ぎ捨てて、素の自分で生きていく決意をした私の大暴走をご覧あれ!

意外と気づいてないかも? お金に対する固定観念を知るための4つの質問

問です。

あなたにとって、

①お金とはどういうものですか?

例:仕事の対価として得られるもの
  なければ生活ができない
  欲しいものを手に入れるための手段

②手に入れやすいものですか? それとも、手に入れにくいものですか?

③お金があることのメリットはなんですか?

例:欲しいものが買える  
  安心できる

④お金を使うとき、どんな気持ちになりますか?

例:欲しいものが手に入って嬉しい
  お金が減るので悲しい

f:id:chelsea-labo:20150705142034j:plain


固定観念と真実

の質問に対する答えが、あなたがお金に対して抱いている固定観念です。同時に、あなたのお金に対する願望の成就を遠ざけている要因でもあります。

何をどう捉えるかは個人の自由であり、その捉え方がその人の現実を決定しています。
お金のことを、『手に入りにくく、すぐになくなってしまうもの』と思っている人は、過去の経験からそういった固定観念に縛られてしまっているだけです。
あなたが真実だと思い込んでいるものは、実はあなたが勝手に作り上げた幻想にすぎないということにまずは気づいてください。それがあなたの中のブロックを解放する第一歩となります。

あれこれメソッドを実践してもなかなか効果が現れないという方は、この機会に一度、自分の固定観念と向き合ってみてはいかがでしょうか。