嘘にまみれた「私」の脱ぎ方

人から嫌われないために装っていた「私」を脱ぎ捨てて、素の自分で生きていく決意をした私の大暴走をご覧あれ!

使っても減らない? お金の持つ不思議な性質

金を使うときに心のどこかで「お金が減っちゃう」と感じてしまう人は、無意識のうちにお金のブロックを作ってしまっているからです。
そうとわかってはいても、生まれてからずっと持ち続けてきたブロックをこわすのって難しいですよね。
そこで、今日は私が自分のブロックをこわすきっかけとなった考え方をご紹介します。

 

お金とは?

し前にも質問したことがありますが、改めて、お金ってなんだと思いますか?

 

f:id:chelsea-labo:20150705142150j:plain

 

  • 価値をはかるもの
  • 紙や銅
  • 物やサービスを手に入れる引換券のようなもの

 

などなど、いろんな答えが返ってきそうですね。

 

それでは、思い浮かんだ答えの中に、今日からもう一つ追加してください。

 

『お金は形を変えてずっと自分の元に存在し続けるもの』

 

と。


お金は形を変える

なたの周りを見回してみてください。
何がありますか?
お気に入りのバッグや財布、新しく買ったコート、スーパーで買ってきた食材……中には誰かにいただいたものや無料で手に入れたものもあるかもしれませんが、ほとんどはお金で購入されたものだと思います。

 

私が何を言いたいのか、もうおわかりでしょうか?

 

そうなんです、お金はあなたの元から去っていったのではなく、単にバッグやコートに姿を変えただけなんです。

同じように、旅行や美術鑑賞など形に残らないものに使ったお金も、『体験』としてあなたの中にちゃんと残っています。

 

まとめ

は自他ともに認めるケチ(!)で、お金を使うことが大嫌いでした。それもかなり重症で、どうしても読みたい本があっても買うことを躊躇してしまうくらいです。たとえ図書館で見つからなくても、です。

しかし、この考え方に出会ってからは、身になると感じたことには抵抗なくお金を使えるようになりました。
お金は、持っているだけではただの紙切れでしかありません。無駄遣いはよろしくありませんが、必要なものや体験したいことがあるのなら、迷わずに使いましょう。
それらすべてがあなた自身となります。

 

最後に、お金を気持ちよくつかうための魔法の言葉をひとつ。

 

『あなたが送り出したお金は、世界中を豊かにしながら巡り、やがて何十倍にもなってあなたの元へと戻ってきます』

 

今日も読んで下さってありがとうございました。
いつも応援して下さることに感謝します。