嘘にまみれた「私」の脱ぎ方

人から嫌われないために装っていた「私」を脱ぎ捨てて、素の自分で生きていく決意をした私の大暴走をご覧あれ!

雨どい・溝の詰まりを取り除いたら人生がうまく流れ始めた話

て続けになってしまいますが、また父の顧客が増えそうです。知り合いの税理士さんが「誰かいい人知らない?」と相談されたらしく、ぜひ父にという話になっているようです。
父は毎日のように新しいアイディアを閃いていて、なんだかもう別人のようです。

お父ちゃん、すごい!
よい機会なので今日は、事業が軌道に乗る転機になったと思われる「掃除」にまつわるエピソードを披露しようと思います。

 

突然のすっきり願望

年、ミニマリストブログを書いておられる姫姉様に触発され、部屋中ひっくり返して自分の持ち物を整理しました。簡易クローゼットや押し入れの中までぜんぶ洗い直して、「絶対に手放せない」というもの以外は処分しました。
小説を書くので資料や本はどうしても多くなってしまいますが、それ意外のものはかなり減りました。使わないものといえば『いつかひとり暮らしセット』と、処分を保留しているクレイアートグッズ一式くらいかなと。

 

すっきり願望が部屋の外にまで及び始める

の頃、私の両親が離婚の危機・・・というか「母がいつ出ていくか」という状況に陥っていて、家の中にはいや~な空気が充満していました。なるべく気にしないように過ごしてはいましたが、家にいる時間が長いのでどうしても気分が塞ぎます。
「なんとかこの環境を変えたい!」
そう思ってあれこれ考えを巡らせているうちに、これまでは気にならなかった家の散らかりっぷりが目に余るようになりました。掃除をしていないわけではないのに、あまりにも物が多すぎて居間も廊下も足の踏み場がないような状態だったのです。
「これだ! これを何とかしないと家庭環境は変わらない!」
根拠のない確信に突き動かされるように、、
「私が自分でやるから家の中を片付けさせて! そうしないと現状が変わらない!」と母にお願いしたのです。
ちょうど昨年の末頃のことでした。

 

f:id:chelsea-labo:20150705142925j:plain

 

掃除嫌いの父が事務所を大片付け

それからまもなく、父が事務所の大片付けを始めました。事務所は元々、祖母の住居で、仕事に使っている二部屋以外はゴミ屋敷と化していたのです。(※祖母は恐ろしく持ち物の多い人でした)
掃除や整理が大嫌いな父が、私や母でも尻込みしてしまうほどのゴミ屋敷を自主的に片付け始めたので本当におどろきました。今思うと、父も現状を変えようと一生懸命だったのだと思います。
さらに、テレビで「森脇健児さん宅の雨どいを掃除した芸人の方たちが次々にブレイクした」という話(参考URL:http://xn--u9jt73g5sao94bqv6ce6h.jp/moriwaki-392)を知って、今度は雨どいの大掃除に取りかかりました。

家族でその話をしている時に、私が「やっぱり流れを良くすることが、運気アップに繋がるのでは?」という発言をしたら、ついでに家の前の溝掃除までしてくれました。両方とも長年の汚れが溜まってどろどろに詰まっていたそうです。

 

目に見えて流れが変わった

れ以降のエピソードはすでにこのブログで紹介させていただいたので割愛しますが、掃除を始めてまもなく仕事がポツリポツリと増え始め、両親の夫婦仲も持ち直しました。そして、みなさんもご存知の通りここ数週間でぐーんと仕事が増え、夫婦仲というか家族全体の関係も根本的に改善されつつあります。

何よりも嬉しいのが、家の中が明るくなったことです。少し前までは怒鳴り声が家の外にまでだだ漏れだったのに、今では笑い声が響いております。(どっちにしろうるさいですね笑)

 

まとめ

ちろん、掃除だけで変わったわけではないと思いますが、振り返ってみると家族みんな(弟を除く)が掃除の大切さに気づき、家の状態を整えたことが今に繋がっているのだと確信しております。
ちなみに、家の中にはまだまだ散らかっている箇所があるので、掃除や片付けは現在も少しずつ進行中です。完璧に整うまで、根気よく続けていこうと思います。
私たちと同じように、なんとなく行き詰っているなと感じている方は、一度、家の中を見回してみて下さい。

「そのうちやろう」と思いながらそのままになってしまっている汚れや詰まりはありませんか? 

使わないor壊れているのに、いつまでも家の中に放置してしまっている不用品はありませんか?

上手くいかない原因は、それかもしれませんよ?