嘘にまみれた「私」の脱ぎ方

人から嫌われないために装っていた「私」を脱ぎ捨てて、素の自分で生きていく決意をした私の大暴走をご覧あれ!

悪い結果が出ても心配ご無用!潜在意識的に見たおみくじの読み解き方

族で食事に行った帰り、母と二人四天王寺まで足を運んで来ました。

ここは聖徳太子が建てたお寺で、宗派問わずに誰でも受け入れてくれるというのが特徴です。

f:id:chelsea-labo:20150508211244j:plain

(写真・水流苑)

ちなみに、写真は鏡の池です。本当に鏡面のようにつるつるしていて、魚や鳥たちが時折立てる波紋が美しかったです。夜になれば月が映り込んで、いっそう神秘的な雰囲気となることでしょう。

実は、ここでおみくじを引いて納得のいかない結果が出たので、今日はおみくじをテーマにしようと思います。

願いごとが叶うには時間と根気と努力が必要?

円で引いたおみくじは半吉でした。一見、悪くない結果のように思われますが、全体的に『望みを叶えるには時間と根気と努力が必要』という内容でした。

『人生は短いようで長いので焦らずに』という部分からは、晩年になってようやく夢が叶うというイメージが立ちあがってきました。

来年には作家としてのスタート地点に立ちたいと考えているわたしにとっては大問題です。そんなに長いこと待てません。

ついでに、『転居は焦らないように』とも書いてあったのですが、すでに引っ越し日を一週間後に控えていたのでいったいどうすればいいのかと頭を抱えました。

「こんなものに縛られるのは御免!」

と、とりあえず他の人たちにならって、紐のようなものにおみくじを結んできました。燃え尽きてしまえ!

おみくじは自分の思考の結果をシュミレーションしてくれるツール

て、一旦はおみくじを無視しようとしたわけですが、帰宅後、落ち着いてもう一度結果について考えを巡らせてみました。

たとえば、あれを潜在意識からのメッセージとして捉えればどうなるでしょうか?

まず、あのおみくじを引いたことには必ず何らかの意味があるはずです。なぜなら、現実に起こるすべては自分の思考の結果だからです。

では、思考がおみくじという形で望まないメッセージを送ってきたと仮定して、わたしはそれをどう受け止めればいいのでしょう?

あくまでも個人的な考え方でしかありませんが、おそらくあれは、「あなたは今、こんな意識を持っていますよ。それに気づいて、必要ならば考え方を変えてくださいね」というメッセージだったのではないかと思うんです。

ある意味、おみくじ(占いなんかの類も)は、

「今の思考のままだと、こんな形の現実になりますよ」

という、シュミレーターなんじゃなかろうか。

まとめ

分の心によくよく問いかけてみたのですが、たしかに「まだまだ時間と努力と根気が必要」という意識はわたしの中に根強く残っていました。人生の冒険者となったつもりでいる半面、抱えている不安や恐怖もまた大きいのです。

どうやら、この意識を変えていくことが当面の課題となりそうです。