嘘にまみれた「私」の脱ぎ方

人から嫌われないために装っていた「私」を脱ぎ捨てて、素の自分で生きていく決意をした私の大暴走をご覧あれ!

【今週の指針】ふと思い浮かんだことを、その都度、即時的に実行していくこと。

み処が持ち家でなくなったので、これまでのように壁にベタベタと張り紙することができなくなりました。実家で使っていた張り紙は冷蔵庫の側面にマグネットでくっつけているのですが、これ以上張ることができません。

ということで、新しく指針として意識したいことは、その時々の気分で卓上ホワイトボードに書き込んでおくようになりました。

せっかくなので、新しく書きかえるたびにブログにアップしていこうと思います。

記念すべき第一回目のメッセージはこちら……

f:id:chelsea-labo:20150615185742j:plain

 『ふと思い浮かんだことを、その都度、即時的に実行していくこと。』 

 

直感を無理に押さえ込むとド壺にハマる

は昔からの癖で、『今日は出かけたい気分だなー』と思っても、つい「今はそんなことをしている場合じゃない! ○○しなくては!!」と自分の直感を押さえ込んでしまうところがあります。

このブログでも、思いついたら実行しましょう的な記事を書いたことがあったような気がしますが……

そうそう、この記事ですね↓

chelsea-labo.hatenablog.com

しばらくすると、いつのまにか、ああ、忘却の彼方なりけり(おい!!

すっかり忘れて、また自分を部屋の中に縛り付けていました。『とりあえず部屋にいること=努力してる』みたいな思い込みが強いです。ドmなので変なところで忍耐してしまうのです。

その実、何をしていたのかというと、「ああ、書かなくては。食や睡眠への欲求エネルギーを創作に向けるのだ!」と気合を入れながら、煎り大豆をポリポリ、ナッツをパクパク、床にごろんしてグースカしていました(照

 

瀕死の状態で心の声に従ってみたら、なぜかド壺から抜け出せた!

さすがに「このままだと人生詰むぞ!!」と危機感を覚えましたが、憂鬱感がひどくてどうしても小説を書く気になりません。そこでなんだか無性に図書館が恋しくなってきて、「もう小説いいや。やめた。とにかく本を読もう、本の虫になって現実逃避しよう」と久しぶりに図書館に行ってきました。

私は借りたい本をあらかじめ予約しておくことが多いのですが、このときは本当にその場の気分で適当に選んで借りてきました。そして、やっぱり煎り大豆をポリポリ、ナッツをパクパクしながら本を読みあさりました。

そうしたら、なんだか異常に意欲が湧いてきて、突然、コントロール不能になっていたはずの食欲がおとなしくなりました。煎り大豆&ナッツ政権の終了のお知らせです。

ここで「そうだ、そうだった! 直感に素直に従った方がうまくいくんだった!」と思い出して、改めて指針として書き記した次第です。

そしてその翌々日である今日、突然、小説のアイディアが降りてきました。しばらく不眠不休で作品作りに専念できそうです。

人生に行き詰まりを感じている人は、ちょっと今やっていることを投げ出して、心の声に耳を傾けてみましょう。そして、なんとなくの「あれしたいなぁ」「あそこ行きたいなぁ」という気持ちを、行動に移してみて下さい。

きっと、意外なほど簡単に現実が動き始めるのを体験できるはずです。

 

おわりに

”今週の”とつけていますが、毎週アップするとは限りませんし、反対にころころ替える可能性もあります。『今週の定食』みたいなノリでネーミングしてしまいました。そこらへんのテキトーなところはご愛嬌ということで!(笑)

ちなみに、卓上ホワイトボード(ノートとしても使えます)はダイソーで購入しました。

↑機能性を重視するなら、こちらのマグネットがくっつくタイプがオススメです。イーゼル付なのでインテリアとしてもオシャレですね。(ちょっと買い替えたくなりました)