嘘にまみれた「私」の脱ぎ方

人から嫌われないために装っていた「私」を脱ぎ捨てて、素の自分で生きていく決意をした私の大暴走をご覧あれ!

「ない」状態は奇跡を起こすのに最適の環境

とり暮らしをスタートするとき、やはりあらゆるものが足りないという状況に陥ることが一番の不安でした。

f:id:chelsea-labo:20090418105106j:plain

 

よりも物欲が少ないとはいえ、生きていればそれなりに欲しいものは出てくるわけで。それらが手に入らないとなったときに上手く気持ちをコントロールする自信がなかったのです。

 

お金で手に入るなら奇跡はいらない

も、こんなふうに切り替えてみたんです。

なんでもかんでも簡単にお金で手に入れられているうちは、潜在意識の起こす奇跡の出番はありません。だって、お金で手に入れるのが一番自然な流れなんですから。

これが足りない状態になったらどうでしょう?

「お金はないけどあれが欲しい、必要だ!」

こうなったらもう、奇跡を起こすしかありません。

ということで、これは魔法の修業だと思うことにしたのです。

 

まとめ

ょっと考え方を変えただけで、「我慢している」という意識が消えて、心にゆとりが生まれました。

現在、ハリーポッターになったつもりで、潜在意識を使いこなすべく鍛錬に励んでおります。