嘘にまみれた「私」の脱ぎ方

人から嫌われないために装っていた「私」を脱ぎ捨てて、素の自分で生きていく決意をした私の大暴走をご覧あれ!

スピリチュアル的に生きることは、自然と徳を積むことにつながる

ピリチュアル関係の本を読んでいると、たまに、願いを叶えるにはそれに見あった徳を積むことが必要だという考えを目にすることがあります。

f:id:chelsea-labo:20150721163253j:plain

 

はこの考えがあまり好きではありませんでした。徳を積むこと=苦しいことというイメージがあったからです。

でも、今は、引き寄せの法則に従って生きていれば、自然と徳を積むことになるのではないかと思っています。

どういうことかというと……

 

不道徳な行動は本人をも不快にする

とえば、ついゴミをポイ捨てしたり、お年寄りが近くにいるのに席を譲らずに眠ったふりをしてしまったとき、なんとなく気分が悪くなりませんか?

思うに、人は自分の中の正義に反したら不快になるようにできているのではないでしょうか(そう感じない人もいるのかもしれませんが)

 

不道徳なことをして、あとからアフォメーションなどでそのマイナスを補うのは非合理的

道徳なことをして不快になれば、当然潜在意識にも影響します。たとえそれが無意識であっても、自己批判や自尊心の低下につながる可能性が高いと思います。

すぐにアフォメーションなどを行えば、マイナスを浄化できるのかもしれませんが、不道徳な行為の影響を消すためにエネルギーを使うのは非合理的です。

 

自分も他人も気分よく生きられるのなら、それが一番!

れなら、最初から気分がいいと思える行動した方がよほどいいですよね。結果的に、それが自分の周りの人を幸せにすることにもつながります。

ということで、気分がいい状態でいようとすれば、自然と徳のある行動を取ることになる、というのが私の結論でした。

 

まとめ

ってる人がいたら、できる範囲で助けてあげた方が自分も気分がいいですよね。見返りなんてなくても、気分良くなれるというだけで十分ではないでしょうか。

 

▼人助けついでにお金を稼いでみるのもアリかも?