嘘にまみれた「私」の脱ぎ方

人から嫌われないために装っていた「私」を脱ぎ捨てて、素の自分で生きていく決意をした私の大暴走をご覧あれ!

趣味で花を育てるだけでも多くの人に貢献できる

は現在、植物の名前を覚えることに凝っていて、外を歩いているときはよく家々の花壇を眺めています。

f:id:chelsea-labo:20150721164013j:plain

 

紫御殿との再開

のあいだ、一度大谷美術館で見かけて以来気になっていた紫色の葉を発見したのですが、そこに薄紅色の花が咲いているのを見て、「この子、花なんて咲くんだ!」と感動しました。

忘れないうちにと思って、家に帰ってすぐに名前を調べると、『紫御殿』という風雅な名前を持つことがわかり、さらに好きになりました。

 

趣味も貢献のひとつ!誰かの庭に咲いた花々に救われた日々

うやって小さな喜びを感じているときに、ふと思ったことがあります。

それは、私がこうやって植物を気軽に楽しめているのは、誰かが家で育ててくれているからということです。

かつて、金木犀の香りや、月夜のハクモクレンに何度も心を救われているのですが、これも偶然私の通り道でそれらの花を育てている人がいてくれたからこそなのです。

小さな植物ならまだしも、上に挙げたような大きな木に咲く花は、自分では育てられません。庭で育ててくれる彼らがいなければ、楽しむこともできないのです。

そういう意味で、人はただ趣味で花を育てるだけでも多くの人に貢献しているのだなと感じました。

 

まとめ

自分が好きだからという理由でやっていることでも、たまたまそれが誰かの役に立つことがあるんですね。

理解できているようで、できていなかった部分です。

今回のことで、目に見えて人の役に立つ行動を取らなくては、という変な気負いがあったことに気づきました。