嘘にまみれた「私」の脱ぎ方

人から嫌われないために装っていた「私」を脱ぎ捨てて、素の自分で生きていく決意をした私の大暴走をご覧あれ!

人間関係の問題はテーマを絞って一つずつクリアしていった方が効率がいい!

、ある絵の描き方について書かれているサイトで、『今日は手、明日は足を上手く描く、といった感じで一つずつクリアしていくといい』というアドバイスを目にしたことがあります。

f:id:chelsea-labo:20150909091804j:plain

今日はこれを人間関係に生かす方法をご紹介しようと思います。

 

まず、人間関係の問題を書き出してみましょう

なたは人間関係にどんな問題を抱えていますか。まずは思いつくままそれを書き出してみて下さい。

 

  • 相手を受け入れるのが苦手
  • 話しているときに自分を客観視できない
  • 話が長くなりすぎる
  • 相手の言葉をうっかり否定してしまう

 

人によって書き出した内容は異なると思いますが、コミュニケーションがいつまで経っても上達しないという人は、問題を一気に解決しようとしている可能性が高いです。

もともと苦手なのに、いきなりそんなにハードルを上げたら、クリアできるはずがありませんよ!  

 

次に、テーマを一つに絞ってみる

こで私がおすすめしたいのは『テーマを絞る』という作戦です。

まずは、自分で書き出したテーマの中から『今すぐなんとかしたいこと』を一つ選んで下さい。

そして、選んだら紙に書いて目につく場所に貼りつけてください。

それから、そのテーマについて徹底的に情報を集めましょう。ネットでも本でもいいので、『どうやったら克服できるか』を調べ尽くし、実行可能かつ効果の高そうな方法から順番に試していってください。

人と関わっていく中で、他のテーマが気になることもあるでしょうが、『今はこれさえクリアすればOKだから』と自分に言い聞かせて、自分で決めたテーマに全力投球して下さい。

 

なぜ一つに絞るといいのか?

えば、あなたが5つのコップ(=問題)を持っていたとします。このコップはそれぞれ『200ml』の容量を持っていて、中が満タンになると問題が解決します。

そして、あなたは一ヶ月に『100ml』の水を支給されるものとします。

f:id:chelsea-labo:20150909101235p:plain

毎月『100ml』を5つのコップに均等に注ぎ続けると、それぞれのコップは『20ml』ずつ満たされていくことになります。これだと、ぜんぶのコップが満タンになるまで『10ヶ月』必要になってきます。

しかし、もし1つのコップに集中的に注ぎ続けるのなら、たったの『二ヶ月』で一杯になります。すべてのコップに均等割りするのと比べて5倍のスピードです。

 

この計算だと、一気にやっても一つに絞っても最終的には同じ水の量でクリアでることになります。コップに水を注ぐ作業のように淡々と問題に立ち向かうことができるのなら、どっちでも好きな方法を選択すればいいのですが、実際は落ち込んだり自信を失ったりして、立ち止まってしまうこともあります。

 一つに絞ることのメリットは、二ヶ月という比較的短期間で成功体験や達成感を得ることができるということにあります。

まったく自信のないまま5つの問題と向き合うよりも、少しずつ自信をつけながら一つずつクリアしていった方が、つまずきにくい分効率がいいというわけです。


まとめ

はあれもこれもと手を出すと、どれも中途半端に挫折してしまうタイプです。なので、解決したいことがあるときは、一つに集中することにしています。

これを意識するようになってから、自分を変える力が身についてきたように思います。

ネガティブになりやすい人にこそおすすめの方法です!