読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

嘘にまみれた「私」の脱ぎ方

人から嫌われないために装っていた「私」を脱ぎ捨てて、素の自分で生きていく決意をした私の大暴走をご覧あれ!

男がみんなピチピチの若い姉ちゃんを求めているとは限らない!

25歳を過ぎたあたりから、「そろそろ需要なくなるで」とか「はよ結婚せな行き遅れるで」と言われる機会が増え、気づいたら年齢の話に敏感になっていました。

f:id:chelsea-labo:20151101204658j:plain

そのせいか、ネットなどで、「男は遺伝子的に若い女を求める生き物だ」なんて情報が目に入るたびに落ち込んだりしていました。

 

「40代の綺麗な女性」にテンションが上がる50歳の上司の話

に勤めていた会社の常務(50歳くらい)が、あるときこんな話をしてくれたことがありました。

「今日ね、電車に乗っていると、隣に40代くらいの綺麗なおばさんが座ってきたんだよ。その人からね、すごくいい匂いがしてね、すごく幸せな気分になったんだ」

と。

そこで思ったのが、「40代!? 20代とかじゃなくていいの!!」ということです。

そのまま「もっと若い人じゃなくていいんですか?」と聞くと、

「そんな若くなくていいの、自分よりちょっと若いくらいで」

とのことでした。

 

男が求める『若さ』も色々!相手より少し年下というだけで対象になることも

うやら、男がみんなピチピチの20代を求めているわけではないみたいです。

世の中には、上で紹介した男性のように、自分よりすこし年下ならそれでいいという人もいます。そして、よほど長寿でない限り、いくつになっても自分より年上の男性は存在します。つまり、女性だって一生出会いの可能性があるということです。

かなり前に、一人のおばあさんを巡ってめぐって、二人のおじいさんが殺し合った(喧嘩した?)という事件がありましたよね。おばあさんだって、男性からの奪い合いの対象になると思ったら、「自分なんてまだまだ余裕」と思えてきませんか?


まとめ

20代も後半にさしかかると、年齢のことで神経質になってしまいますが、過敏になりすぎてネットや一部の男性の意見に惑わされないようにしましょう。

30代だろうが40代だろうが、男性の目に魅力的に映る人は映ります。「どうせ年増だから」とあきらめないで、いつでも身ぎれいにしておきたいですね。