嘘にまみれた「私」の脱ぎ方

人から嫌われないために装っていた「私」を脱ぎ捨てて、素の自分で生きていく決意をした私の大暴走をご覧あれ!

【素人でもライターになれる!】文章力に『ちょっとだけ』自信があるならサグーワークスのプラチナライターテストを受けてみよう!

の瀬が目前に迫っておりますが、みなさまどうお過ごしでしょうか?

わたしは、つい先日、サグーワークス(簡単な記事作成などの仕事をオンラインで提供しているサイトです)のプラチナライターテストに合格して、新しく仕事を始めました。

なぜ、サグーワークスのプラチナライターなのかというと、最低でも1円/1文字という高単価の案件が用意されているからです。 

通常、在宅ライターの案件って、0.3~0.5円/1文字が相場と言われています。過去に大手サイトで仕事をしていたことがあるんですけど、実際にやってみると、どんなにスピーディーにこなしても時給600円くらいにしかなりませんでした。(過去に大手のサイトで仕事をしていたことがあります)

一件数千円~数万円という高額な案件もそれなりにあったんですけど、そっちは素人がいきなり挑戦するには難しすぎたり、応募してもなかなか通らなかったりと、非常に稼ぎにくかったです。

こういった点で比べると、サグーライティングプラチナは、まともな文字単価で素人が挑戦しやすい案件が多いと感じました。

記事の続きで、テスト内容や実際にどんなふうに仕事をしていくのかをご紹介します。

 

サグーライティングプラチナのお仕事は大きく分けて二種類!

 サグーライティングプラチナのお仕事は、大きく分けて次の二種類あります。

  • 単発で記事を書くタスク案件
  • 継続的に記事を書く専属案件

まだ始めたばかりなのでなんともいえませんが、専属案件の方が文字単価は大きいです。もちろん、どの案件も最低1円/1文字以上あります。

タスク案件

スク案件は、まず好きな案件を選んで詳細を確認します。やってみたいと思ったら仕事開始のボタンを押して、あとは条件に従ってフォームに入力したり画像をアップロードしたりします。

ここで、「自分がやっている間に他の人に投稿されたらどうなるんだろう?」という疑問が出てくるかと思いますが、各案件には制限時間が設定されていて、誰かが取り組んでいる間は他の人が作業できないようになっているみたいです(たぶん)

作業が完了したあと、担当のチェックが入り、無事に承認されるとポイント(1ポイント=1円)が加算されます。

専属案件

属案件はまず、応募するところから始まります。案件の詳細や条件などをよく確認した上で、応募フォームから【志望動機・意気込み・PR】などを入力して送信します。

(ツルゾノはまだ応募したばかりなので、採用されたらどうなるのかはまだ不明です)

 

報酬の受け取り方

サグーワークスで貯めたポイントは、次の四つに交換できます。

  • 現金
  • amazonギフト券
  • iTunesギフト
  • バスサガスポイント

 

上の段落でも書きましたが、交換は1ポイント=1円です。現金での受け取りを希望した場合、振込手数料は自己負担、最低1000ポイント(1000円)からの交換になります。

 

プラチナライターテストについて

ラチナライターテストは、好きなカテゴリを選んで、ちょうどこのブログの記事のような構成の文を書く形式となっています。カテゴリは「美容」「ライフスタイル」などざっくりしているので、テーマに沿ったブログを書ける方なら問題なくこなせるかと思います。

ちょっと記憶があいまいなのですが、たしか、下のような構成だったと思います。

【導入】【段落1】【段落2】【段落3】【まとめ】

それぞれ○文字以上という指定があります。

これとは別に、タイトルだけを5本書く欄もあります。

これに関しては、『意外と知らないアレの消費期限!気づかずに使い続けていると肌ががボロボロに……』みたいな感じで、以下の三点を意識するといいかと思います。

  • 「?」や「!」を使って前半と後半とに区切る
  • 32~35文字くらい
  • 読者の感情を刺激する

 

まとめ

時間もあれば十分なテストなので、年末年始の休暇中にチャレンジされてみてはいかがでしょう?

応募はコチラからどうぞ!⇒高単価の在宅ライターサービス【サグーライティングプラチナ】

もし不合格になっても何度でも受けられますし、「どうすれば合格ラインに届くのか」アドバイスももらえるので、まともな単価でライターとして働いてみたいという方はぜひ☆