読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

嘘にまみれた「私」の脱ぎ方

人から嫌われないために装っていた「私」を脱ぎ捨てて、素の自分で生きていく決意をした私の大暴走をご覧あれ!

結局、ホ・オポノポノって何? 潜在意識のクリーニングってどうするの? どんな効果があるの?

愛メソッドの中に『ホ・オポノポノ』というものがあります。とても有名なものなので、もしかしたらあなたも言葉くらいは知っているかもしれませんね。

過去記事(その感情、もしかして『過去』からのものではないですか?)でもちょろっと取り上げたことがあるのですが、『ハワイが発祥の地』ということと、『4つの言葉を唱える』ということ以外は、私自身よくわかっていませんでした。

 

ネットで調べても、そこまで詳しい情報がないみたいだったので、一度自分で調べてみることにしました。参考にしたのは『ホ・オポノポノ ライフ ほんとうの自分を取り戻し、豊かに生きる 』という本です。これを読み、改めて『ホ・オポノポノ』の良さを知ることができたので、ここでもご紹介させていただきたいと思います。

 

現実世界は巨大なスクリーン?すべては古い記憶の再生という考え方

たちは通常、現実とはその場その場で出来上がっていくものだと認識しています。しかし、『ホ・オポノポノ』では、現実の出来事は、私たちの潜在意識に刻まれた古い記憶の再生に過ぎないと考えます。

現実世界が巨大なスクリーンで、潜在意識はHDDレコーダーです。このHDDレコーダーからあるデータが再生されると、現実としてこの世界に反映されるというわけです。

 

クリーニングは本来の自分に戻る作業?

・オポノポノは『クリーニング』を基本のメソッドとしています。

何をクリーニングするのかというと、それは上で述べた『潜在意識の古い記憶』です。

記憶をクリーニングすることで、生きていく上で壁となっていたもの(別の言い方をするなら、固定観念・ブロックといったところでしょうか)が取り払われて、本来の自分に戻ることができるそうです。

 

本来の自分に戻るとインスピレーションがやってくる!

来の自分に戻ると、インスピレーションが得やすくなります。結果的に、ベストなタイミングで必要なものが手に入ったり、仕事や生活面でトラブルが生じても上手く切り抜けられるようになったりと、人生がスムーズに動き始めます。

 

最もシンプルなクリーニング・ツール

リーニングの方法には何通りかあって、本の中でもいくつか『クリーニングツール』として紹介されています。その中で最もシンプルな方法は、『愛しています』をただ繰り返すだけというものです。

おそらく、一番よく知られているのは、『ありがとう・愛しています・ごめんなさい・許して下さい』という4つの言葉の方だと思われますが、『愛しています』という言葉の中に他の3つの言葉の意味も含まれているので、『愛しています』だけで大丈夫だそうです。

 

ホ・オポノポノのクリーニングは瞑想に似ている

しみや怒りを感じているときに、無心に『愛しています』と唱え続けることで、心に浮んでいるイメージに対する印象が薄れていきます。すると、自分を苦しめていた出来事を単なる出来事として受けとめられるようになります。

『恋人に振られて悲しい』と感じていた場合、やがて悲しみが薄れて、『恋人に振られた』という事実だけが残ります。それを悲しみに結びつける回路が閉ざされるといった感じです。

これは、心に浮かんだイメージをただ見つめ続けるという、ヴィサッパナー瞑想に通じるものがあると思います。

 

まとめ

実を単なる記憶の再生と捉えると、自分の身に起こった出来事に対するイメージの受け止め方も変わってきます。

あなたも、落ち込んだり怒りに震えたりする代わりに、クリーニングを取り入れてみてはいかがでしょう?