読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

嘘にまみれた「私」の脱ぎ方

人から嫌われないために装っていた「私」を脱ぎ捨てて、素の自分で生きていく決意をした私の大暴走をご覧あれ!

嵐でも台風でもなく

日から今日にかけて、扉も窓も吹き飛ぶんじゃないかってくらい風が強い。嵐でも台風でもないのにこんなに天気が荒れることがあるのか、と驚いているのだけれど、これまでに果たしてこういうことがなかったのかは思い出せない。それくらい、私は自分の周りで起こっていることに無頓着だったということだ。