読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

嘘にまみれた「私」の脱ぎ方

人から嫌われないために装っていた「私」を脱ぎ捨てて、素の自分で生きていく決意をした私の大暴走をご覧あれ!

半年以上ぶりに断食をしてみたら頭も心もスッキリしてきました!

ま、半年以上ぶりの断食をしているところです。食生活を変えてから体重がアレだったので控えていたのですが、身体と心に老廃物が溜まってきている気がして気持ち悪かったので、思い切って実行してみた次第です。

今日の朝から間食を控えて、昼食も少なめにして、夜から一日水のみで過ごします。一日断食の場合は、夜から抜き始めると成功しやすいそうです。

ちなみに、断食の方法については上の本を参考にしています。呼吸法とかはやってないんですけど、断食のリズムや断食の最後に行う「梅湯流し」は、この本の教えに従っています。

余計な思考が抜けて行動力&集中力アップ!

だ始めて間もないんですけど、最近、間食ばかりしていたせいか、すでにいろいろと変化が起こってきています。頭がぼーっとしているおかげか、「面倒だな」「いいものが書けるかな」という余計な考えが入ってこないので、家事でも仕事でもサクサク進められて快適です。

私は「すぐに取りかかる」のがとても苦手なんですけど、今は特に努力しなくても「やろう」と思ったことをすぐ行動に移せるし、集中力もすごいです。

食べることから自由に!

食を終える明日の夕方までは「食べる」という選択肢がない状態なので、それまでは「間食をするかしまいか」で悩まなくて済みます。

食欲に支配されているときは、「断食なんてしたらつらくて耐えられないんじゃないか」と考えていたんですけど、実際にやってみると、逆に食べることから自由になれて、気持ちも楽になりました。

こんなにスッキリした気分で過ごせるなら、毎週やりたいです。

断食を行う際の注意点

食を行う場合は、なるべく信頼できる情報を元に、正しい方法で行うようにして下さい。あと、水分補給を怠らないように注意して下さい!(一日に2~2.5リットル推奨)

断食中はふだん食事から摂取している水分も水で補わなくてはいけないので、脱水症状を起こしやすいんです。私も何度か油断して、激しい頭痛や吐き気 に襲われました。

それから、断食後は急にいつもの食事に戻しちゃダメですよ。生野菜やゆるめのおかゆなどで徐々に身体を慣らしていくことが大切です。これを復食期間と呼びます。断食は、食事を抜く期間よりも、この復食期間のコントロールがむずかしいそうです。

まとめ

単な断食方法について書きましたが、自己流はおすすめできません。初めて行う場合は、有識者が書かれた書物などにじっくりと目を通して、断食について十分に理解を深めてからにしましょう。

正しく行えば、身体だけでなく精神のバランスも整えることができるので、興味のある方はぜひチャレンジしてみて下さいね。