読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

嘘にまみれた「私」の脱ぎ方

人から嫌われないために装っていた「私」を脱ぎ捨てて、素の自分で生きていく決意をした私の大暴走をご覧あれ!

ご飯をよく噛んで食べないなんてもったいない!『噛む』行為がストレス解消になる理由

「忙しくて食事をゆっくり摂る時間がない! 」というそこのあなた。

f:id:chelsea-labo:20160220105421j:plain

ご飯をゆっくり噛んで食べることが、ストレスの解消につながるということをご存じでしたか?

 

『噛む』行為はストレス解消になる! 

「ストレスがたまってつらいけど、発散する時間も余裕もない!」という人におすすめのストレス解消法は、ご飯を食べるときにいつもよりよく噛むというものです。それだけで不思議とイライラ感や焦り、不安などがマシになります。

なぜご飯をよく噛んで食べるだけでイライラ感がマシになるのかというと、それは『噛む』行為がストレスの解消につながるからです。

 

『噛む』と幸せホルモンの『セロトニン』が分泌される?

はストレスを感じると、無意識に幸せホルモンの『セロトニン』を分泌しようと考えます。ストレスで甘いものが食べたくなるという話は有名ですが、実は、ストレスで食べたくなるのは甘いものだけではありません。同様の理由で『噛みごたえのあるもの』を欲する場合も多いのです。

それはなぜかというと、噛むことが『セロトニン』の分泌を促すからなのです。

 

『セロトニン』の分泌を促したいなら玄米がおすすめ

は基本昼と夜の二食にしているのですが、無気力な状態が続いてつらいときは、朝から玄米ご飯を食べることにしています。

玄米ご飯は噛みごたえがあるので自然と咀嚼回数が増えるだけでなく、セロトニンの素になる『トリプトファン』と『ビタミンB6』の両方が含まれているので、ストレスを解消したいときや気分を上げたいときにちょうどいいのです。

同じ理由で、サツマイモやバナナなんかもおすすめです。『噛む』ことだけを考えるなら、ガムやあたりめなんかもいいですね。

 

まとめ

いうことで、最近ストレスが溜まってるなという人は、食事中の咀嚼回数を増やすように意識してみましょう。あえて硬めの食材を用いるのもおすすめです。

『噛む』行為は脳力アップや健康促進にもつながるので、一石で二鳥も三鳥も仕留められてお得ですよ!