読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

嘘にまみれた「私」の脱ぎ方

人から嫌われないために装っていた「私」を脱ぎ捨てて、素の自分で生きていく決意をした私の大暴走をご覧あれ!

精神世界と現実世界のバランスを上手に取りながら人間関係の問題を解決するには?

がそうだったのですが、スピリチュアルの世界に夢中になりすぎると、現実世界との関係がおろそかになってしまうことがあります。
f:id:chelsea-labo:20160517140540j:image
私たちは、ふつう「りんごが食べたい」と感じたら、お金を待って果物屋さんやスーパーに買いに行きますよね?
でも、スピリチュアルに悪い意味で溺れてしまっている人は、それすらせずに誰かが目の前にりんごを置いてくれるのをじっと、待ち焦がれてしまうのです。
 

 

いまのは極端な例ですが、たとえば、人間関係において問題が生じたときに、似たような状況に陥ってしまうことはありませんか?

私の場合、「これは私の心の問題だから自分で解決しなくちゃ!」と、相手に伝えることを我慢してしまうときがあります。
「自分の心の状態を変えれば現状は変わるはずだ!」と。
たしかに、そういうこともありますが、場合によってはものすごく遠回りになってしまうことでしょう。
何かトラブルが起こったときに、すぐに激昂して「お前が悪い!」とキレるのはよくありませんが、だからといって、精神世界にばかり生きるのも効率が悪いです。
 
 
……と、ここまで読んでくださった方は、「じゃあ、どうしたらいいの?」と混乱しはじめていることと思います。
私もこのあたりで混乱していました。
そこで、私が最近やっている、現実世界と精神世界とのバランスの取り方をご紹介したいと思います。
 

ステップ1

相手に対して不満を感じたら、まず自分の心の中を見つめます。自分がそれについてどう感じているのか、どんな思い込みを持っているのか、どうなってほしいのか、なぜそれを求めるのかなど、思いつく限り掘り下げていって下さい。
  • いつも私ばかりしんどい思いをしてる
  • 利用されている気がする
  • 自分が悪者になるのが嫌で無理をしてしまう
などなど、できればイライラや悲しみが薄れてくるまで、ひたすら見つめ続けましょう。
コツは出てきた答えに対して「なぜ?」と問い続けることです。
「あいつが悪い!」と思ったら、「なぜ悪いと言い切れるのだろう」「誰がそれを悪いと決めたのだろう」といった感じで掘り下げていくと、だんだん中立に近づいてきて、怒りや悲しみを超えたところから出来事を見つめられるようになります。
そこまでいくのが難しければ、「ああ、いまめっちゃ腹立ってるなー」と、いったん自分の気持ちを受け止めちゃいましょう。
 

ステップ2

くところまでいったら、何かしら心に思い浮かぶことがあるはずなので、その気持ちを素直に表現してみましょう。
言葉で自分の気持ちを伝えたくなったら伝えればいいし、ビンタしたくなったならそれも正解、逆にやさしくしたくなったならそれもそのまま行動に移しましょう。
 
大切なのは順番、先に心をみつめて、現実から得られるだけのヒントというか、学びというか、そういうものを得てから、心の声に従って行動することです。
 

まとめ

こで、気持ちが落ち着くまでどうするかという問題が生じてくるかと思いますが、とりあえずできる限り相手と顔を合わせないようにしましょう。
一緒に住んでいるとなかなかむずかしいかもしれませんが、強引に用事を作って出かけたり、トイレにこもったり、家の中でかくれんぼをしたりしてください!
どんなに頭で相手は悪くないと理解していても、顔を見ると腹たちますよね! 
「いまそっとしておいてくれたら八つ当たりしなくて済むのに!」と感じることが私もたまにあります(笑)
 

さいごにひとこと

真の赤いやつは噂の「人をダメにするクッション」です。最近は何するにもこの子と一緒なのですが、元からダメ人間なので特に影響は感じません。
すでにダメな人におすすめの商品です。
ツルゾノちゃん、ダメ人間まっしぐら!