嘘にまみれた「私」の脱ぎ方

人から嫌われないために装っていた「私」を脱ぎ捨てて、素の自分で生きていく決意をした私の大暴走をご覧あれ!

心屋さん提唱の神社ミッションにチャレンジ! 十万円を手放せたことで自分のお金に対する感覚の変化を実感

屋仁之助さんの『一生お金に困らない生き方』という本の中で、神社ミッションなるものが紹介されています。

方法はかんたん。ご利益がなさそうな寂れた神社に一万円札(目安)を賽銭するだけです。

f:id:chelsea-labo:20160712113614j:plain

ここで肝心なのは”無意味で見返りが期待できないと感じることにお金を使うこと”です。それを経験することで、お金への執着から自由になり、お金の流れをよくしようということらしいです。

実は先日、この神社ミッションにチャレンジしてきました。

 

 

賽銭する金額は十万円

初は一万円札でチャレンジする予定だったんですけど、一万円札を破ったばかり(⇒今日、人生で初めて1万円札を破って燃やしてみました。)だったので、いまさら一万円を賽銭しても何とも感じないだろうと思いまして……。

思い切って十万円に増額してみました。

 

賽銭先はよくわからないお地蔵さん

万円を持って長距離を移動するのが怖かったので、近場で済ませようと思っていたのですが、家の近所の神社はけっこう立派なので、ご利益がありそうで……。

だから、そのすぐ近くにあるよくわからないお地蔵さんを選びました。

 

ミッション当日

日、ATMで十万円を下ろしました。この時点ではけっこう緊張していて、手が震えていました。

「本当にこんなことやっちゃって大丈夫かな?」

と、よくわからない不安でいっぱいでした。

ところが、実際に例のお地蔵さんのところに到着した途端、不思議と気分が落ち着いてきました。

特別な意志力も必要なく、バッグのポケットから取り出した十万円を、無造作に賽銭口(と思われる穴)に突っ込んでミッション完了。

札束を半分に折りたたんだまま一気に入れたですけど、手放すときもまったく抵抗を感じませんでした。呆気なさすぎて残念に感じたくらいです。

その後も特に後悔することもなく……。

「何かすごいことが起こるかも!」という期待は多少ありますが、ないと困るとかそういう気持ちはありません。あったらここで報告できるのになー、っていうくらいのもんです。

 

まとめ

万円をかんたんに手放せたことで、自分のお金に対する感覚が明らかに変化していることを実感することができました。

これが一万円札を破る前だったら、もっとビビッたり後悔したり不安になったりしていたと思います。

 

プチ後日談

日、お地蔵さんをじっくり見てみると、「子安地蔵」と書かれていました。安産・子宝・出産にまつわるお地蔵さんだそうで。なんでよりによって……(苦笑)

 

『一生お金に困らない生き方』の詳しい紹介記事はこちら

ikkagetsu-10mannen.hateblo.jp