読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

嘘にまみれた「私」の脱ぎ方

人から嫌われないために装っていた「私」を脱ぎ捨てて、素の自分で生きていく決意をした私の大暴走をご覧あれ!

働くことが苦手で無職期間もけっこうあるSちゃんがプチリッチ生活を続けられている理由

お金・夢・才能・仕事

リーター時代のバイト仲間Sちゃんは、バイト仲間で一番の生き方上手です。

f:id:chelsea-labo:20160718112536j:plain

私が知る限りでは、彼女はこれまでまともに働いていたことがなく、しょっちゅう無職期間があります。それなのに、Sちゃんはお金に困っていないどころか、私たちから見るとけっこうリッチな生活をしているのです。

 

 

Sちゃんのプチリッチ生活

Sちゃんの生活はけっこうリッチです。高級ホテルでディナーを楽しむとか、ブランド品を買いあさるとか、そういうことをしているわけではないのですが、住んでいる部屋や購入する家具・家電はけっこう値が張るものばかりです。

ペットたちと住んでいる1DKの部屋(家賃9万円くらい)は、広くてお風呂もトイレも新築のようにキレイです。周りの生活音も気にならないし、他の住人と顔を合わせにくい構造になっているのでプライバシー面もバッチリです。

設備も素敵で、3口コンロの広々としたカウンターキッチンに、一人暮らしには大きすぎる冷蔵庫(日本の一流メーカー製)、大きなサイズの食器棚にはオシャレな食器がつまっています。

ベッドはセミダブルだし、テレビは大きいし、DVDレコーダーもあるし、ソファやローテーブル、キッチンテーブルなど、ひとつひとつが立派です。さらに、最近は電子ピアノまで購入しました。

 

体の関係なしで金銭的援助をしてくれる男性の存在

んなSちゃんですが、実はあまり働くことが得意ではありません。どうも毎日決まった時間に出勤するというのが苦手らしく、仕事を始めても途中で行かなくなってしまうのです。

そんな彼女がなぜこのような暮らしを維持できているかというと、ひとつには金銭的な援助をしてくれる男性の存在があります。

どこで知り合ったのかは不明ですが、彼らは体の関係なしで彼女の家賃や生活費を支払ってくれているそうです。

Sちゃんはいわゆるダメンズウォーカー的な部分があったのですが、好きな男以外にははっきり物を言うタイプなので、彼らに対しても無理に合わせることなく、言いたい放題しています。

一度、誕生日に高級ホテルでのディナー(ホールケーキ付)をごちそうしてもらったそうなのですが、そういうのが大嫌いな彼女は「あり得ない。帰る」とキレてしまったそう。それでも、関係が悪くなるようなことはなかったようです。

 

自由に働ける環境

んなSちゃんですが、さすがにそれだけで生活のすべてをまかなうことはできません。それで、たまにバイトをするのですが……。

これがまた面白くて、友だちや知り合いから楽な仕事がどんどん入ってくるんです。遅刻やドタキャン、突然行かなくなりということを繰り返していても、お誘いがなくなることはありません。

社長をしている人に、好きな日時に出社して好きな時間だけ働いてくれたらいいよ、と仕事を頼まれたり(しかも車でのお迎え付き)、これまたどこぞの社長に、通常より高額な時給(仕事メンバーとの会話で発覚)で働かせてもらったりと、おいしいことだらけです。

もちろん、彼女は彼女なりに苦労している面もあるのですが、仕事の条件という面では恵まれているわけです。

 

趣味を生かしてネットショップで稼ぐように

らに、もうひとつ収入源があります。それはネットショップです。

彼女はあるものを集めるのが趣味なんですけど、それを販売してみたところどんどん売り上げが上がって、今ではちょっとした副収入になっているそうです。

今後、さらに商品の幅を広げていくことも考えているのだとか。

好きなものだから売れなかったら売れなかったで自分のコレクションにできるし、彼女にとっては最高の商売のようです。

 

求めていることを伝えないと相手も与えようがない!

Sちゃんが今のような生活を送れているのは、自分を飾らずにありのままを出し切っていることがポイントなのではないかと思いました。

一般的に、仕事を探しているときにお誘いがあったら、チャンスを逃さないようになんでも条件を飲んでしまう人も多いかと思いますが、彼女の場合「毎日決まった時間に出社するの無理」と言い切ってしまいます。

すると、「それでもいいよ」と相手がSちゃんの条件に合わせてくれるのです。

一見、わがままに見えますが、求めていることを伝えなければ相手も与えようがありません。「こうしたい」と思ったら、まずは相手に伝える必要があります。

 

みんなでやってみよう!

「いい条件じゃない」と思っていることについて、自分が求めていることを普段から周囲に伝えられているかどうか振り返ってみましょう。

現在、仕事や部屋などを探している人は、望む条件を明確にして、積極的に伝えていきましょう。