読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

嘘にまみれた「私」の脱ぎ方

人から嫌われないために装っていた「私」を脱ぎ捨てて、素の自分で生きていく決意をした私の大暴走をご覧あれ!

「独自の視点」を伝えるのが苦手な人は「本当に言いたいこと」から書くようにするといい

お金・夢・才能・仕事

は物事を総体的に捉えることが苦手なので、これまで読書感想文のような文を書くのは避けてきました。

でも、最近、「どうせなら自分の一番好きなものについて書きたい」と思うようになって、別ブログ(つるぞのちゃんのチャメブログ)の方で積極的に本の紹介記事を書いています。

f:id:chelsea-labo:20160723142612j:plain

よくあるレビュー記事や批評記事のようなものは書けそうにないので、現在自分なりの表現方法を探っているところなのですが……。

あれやこれやと試行錯誤するうちに、文章の要である「独自の視点」を自ら切り捨てていることに気づきました。

その原因は、「書きたいこと」ではなく「書くべきこと」を優先してしまっていたことにありました。

 

 

感じたことを素直に表現すれば「独自の視点」が伝わるはずなのに……

を読んでいると、「この情報はもう知っている」「この部分おもしろいな~」などなど、いろんな気持ちが浮かんできますよね。

時には、本筋には惹かれなかったけど、余談として語られていた部分に価値を感じたというようなパターンも出てくるかと思います。

それをそのまま素直に文にすれば、自然と「独自の視点」から見た記事が書き上がるはずですよね?

ところが、いざ書き上げてみると、本を要約しただけのような内容になってしまうことが多いのです。

それはなぜかというと、「この情報は書いておくべきだろう」という余計な考えに邪魔されて、肝心の「独自の視点」が入った主張を書くスペースがなくなってしまうからです。

 

「書くべきこと」に「本当に伝えたいこと」が圧迫される!

事を書くためにパソコンに向かうと、有益な記事を書こうと力みすぎて、

「著者の主張を簡潔にかつ余すことなく書くべきだ」

「ここは読者にとって有益だから絶対に書くべきだ」

という余計な考えが浮かんできます。

すると、その「書くべきこと」に文字数を奪われて、結局いつも「本当に伝えたいこと」が書けないままになってしまいます。

おそらく、「独自の視点」を伝えるのが苦手な人は、私と同じようなスパイラルに陥っているのだと思います。

 

「本当に言いたいこと」を一番に書くようにする

は、どうすればこのスパイラルから抜け出せるのでしょうか?

答えはかんたん、「本当に言いたいこと」から書くようにすればいいんです。

「それだと重要な情報が抜けてしまう」

と感じる人もいるかもしれませんが、そういうのはある意味誰にでも書けることなので、他の誰かにまかせてしまえばいいでしょう。

そうすれば、自然と「独自の視点」の詰まった文章ができあがります。

 

まとめ

人として文を書く時点で、「独自の視点」を持てない人などいないはずです。

それなのに「独自の視点」を伝えるのが苦手だというなら、それはきっと書きたくもないことを無理に書こうとしているからです。

模範的な文を書こうという考えは捨てて、自分が本当に言いたいことから書くようすれば、自ずと「独自の視点」を通した文ができあがることでしょう。