読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

嘘にまみれた「私」の脱ぎ方

人から嫌われないために装っていた「私」を脱ぎ捨てて、素の自分で生きていく決意をした私の大暴走をご覧あれ!

「相手を変えようとするのではなく自分を変える」というのは不快感をコントロールしようという意味ではない

人間関係(家族・恋愛・友情他)

はもともとイライラすると怒ったりわめいたりして何とかしようとするタイプの人間でした。(外では猫かぶってたけどね。にゃあ)

その時期、なんとなく読んでいた自己啓発書に「相手を変えようとするのではなく自分を変えよう」といった文句が出てきてものすごく反発を覚えたことがあります。

f:id:chelsea-labo:20160812101324j:plain

「自分を変える」=「自分の感じ方を変える」という意味だと受け取ったんですけど、なんかそれって自分を誤魔化すみたいで嫌だったんです。

相手が悪いのになんでこっちが我慢せなあかんねんって。

 

もくじ

  • 自分が不快に感じないように行動を変えていく
  • いつも怒っている人は怒りたいだけ!?
  • 「怒ることをやめる」決心をすると心が軽くなる

  • まとめ
  • あなたもやってみよう!

 

 

自分が不快に感じないように行動を変えていく

ころが、あるとき「自分を変えるって、感じ方を変えるんじゃなくて、不快に感じないように行動を変えればいいってことだったんだ」と気づきました。

それからは、イライラしたときは「どう行動を変えればイライラしなくなるか」を考えるようになりました。

たとえば、いつも遅刻してくる子にイライラしたときは、自分も遅刻を気にせずのんびり準備をするようにしたり、相談ばかりしてくる子にイライラしたときは、親身に答えるのをやめて適当にあしらってみたり、いつも私ばかり相手の予定に合わせてるなあってときは、自分の都合で予定を立てて相手に合わせてもらってみたり……。 

そうやってイライラしないように行動を変えていくと、自分自身も自由になっていけるんですよね。

 

いつも怒っている人は怒りたいだけ!?

ね、これをしないでいつも何かに怒ったり愚痴ったりしている人は、結局怒りたいだけ、不満を言いたいだけだと思うんですよ。

「そんなことない! 何意味わかんないこと言ってんの!?」って思いましたか?

でもね、ちょっとだけ胸に手を当てて考えてみてほしいんです。

なんとなく、絶対に違うとは言い切れないモヤモヤを感じたりはしませんか?

(「全然!」って即答した方はこのページ読まなくてもOKです笑) 

 

「怒ることをやめる」決心をすると心が軽くなる

は今、過去の不満MAXの自分を振り返ってみて、あの頃は怒ったり批判したりすることで優位な立場にいると思い込んでいたんだなあって感じています。

そうやって自分を大きく見せないと怖くて仕方なかったんです。 

でもね、「もう怒ることはやめよう」って決めたら心がすごく軽くなりました。

別に怒らなくても自分でええように持っていったらいいだけなんやって。

(気が短いんで、今でも瞬間的に怒っちゃうことはありますけどね!笑)

 

まとめ

が立つと「相手のせいだ!」と思い込んで、怒りや否定の言葉などで相手をコントロールしてしまいそうになりますが、そうではなくて自分が不快に感じないように行動を変えてしまえば不要なトラブルを招きにくくなります。

相手に左右されなくなるのでストレスも溜まらないし、ついでに自分の自由度も上がって一石二鳥です!

 

あなたもやってみよう!

在イライラを感じていることを思い浮かべてみて下さい。そして、そのイライラを解消するためにはどう行動を変えればいいか考えてみましょう。