読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

嘘にまみれた「私」の脱ぎ方

人から嫌われないために装っていた「私」を脱ぎ捨てて、素の自分で生きていく決意をした私の大暴走をご覧あれ!

人に頼みごとをするときのハードルを下げる考え方! 何を迷惑と感じるかも人それぞれです

は長いあいだ人を頼ることが苦手でした。

それどころか、「いっしょにあそこへ行こう」と誘うことすら怖かったんです。

なぜなら、そうすることで迷惑がかかると思い込んでいたからです。

f:id:chelsea-labo:20120408103628j:plain

「私のために時間を割かせるの申し訳ない」

「興味ないことにお金を使わせるの申し訳ない」

って、勝手にそれが相手にとって迷惑なことだと決めつけていたんです。

もくじ

  • 迷惑という概念はあってないようなもの
  • もっと気軽に考えてもいいんじゃない?
  • まとめ
  • あなたもやってみよう!

 

 

迷惑という概念はあってないようなもの

も、他のあらゆる価値観と同じで、迷惑に感じることも人それぞれなんですよね。

同じことでも頼まれて喜ぶ人もいれば負担に感じる人もいる。

それから、タイミングも様々で、その人の気分によって断ることもあれば喜んで引き受けることもあるでしょう。

そもそも、嫌なら断ればいいだけなんだから、迷惑という概念はあってないようなものなのだと思います。

困ったことや一人でできないこと、誰かと一緒にした方が楽しいことがあれば、得意な人、喜んでくれる人、ちょうど暇に感じている人(笑)なんかを探す感覚で、いろんな人に頼みまくってみればいいんだなって思いました。

 

もっと気軽に考えてもいいんじゃない?

うやって考えると、頼みごとをすることへのハードルが下がりませんか?

私のように人を頼り慣れていない人間にとっては、頼みごとってものすごい大イベントのように感じられるかもしれませんが、もっと気軽に考えていいんじゃないかなって思っています。

そんなわけで、私は最近積極的に人を頼っています。

飼育がかり(詳細はコチラ)を募集しようと思ったのもその一環です。

 

まとめ

なたが迷惑だと考えていることでも、人によってはウェルカムだったりします。

だから、勝手に迷惑だと決めつけて言葉を飲み込んでしまうなんてもったいないですよ。

とりあえず言うだけ言ってみましょう!

 

あなたもやってみよう!

当は誰かに頼りたいと思っていることを、誰かに思いきって頼んでみましょう。

身近な人を頼るのが怖いのであれば、私にメッセージを下さってもいいですよ。

もちろん、やりたくないことは断りますが、おもしろそうなことやかんたんなことだったら引き受けます!