嘘にまみれた「私」の脱ぎ方

人から嫌われないために装っていた「私」を脱ぎ捨てて、素の自分で生きていく決意をした私の大暴走をご覧あれ!

月曜日の憂うつを感じたら自分に何かを許してみる!

はようございます。

朝から漫画を10冊ほど片手で抱え、空いている方の手で日傘を差しながら出勤してみたら、結構ハードな筋トレになりました。

どうも、今週はハイテンションでスタートしているつるぞのです。

f:id:chelsea-labo:20160912090341j:plain

月曜日は気分が沈むという方も多いと思います。

「あー、あの溜まった仕事を片づけなくちゃ」

「また一週間忙しさに追われてバタバタと過ごさなきゃいけないのか」

「仕事も人間関係もすべてがわずらわしい」

こんなことを考えて憂うつになってしまうときは、ひとつだけ自分に何かを許してみましょう。

 

 

本当はひとつと言わず、ふたつでもみっつでも……できることならぜんぶ許しちゃってください!

 

何を許すのかは、あなたが何を自分に敷いているかにもよりますが、

 

たとえば、

 

  • 会社を休むこと
  • 仕事をサボること
  • 休憩時間を多めに取る(いつも規程通り取れていない人は堂々と休憩する)こと
  • 仕事を適当にこなすこと
  • 上司や先輩に気をつかうのをやめること
  • 周りの人に頼むこと
  • 断ること
  • 仕事中に遊ぶこと
  • 嫌いな人を避けること
  • ムカついたときに怒ること

 

こんな感じのことを許してみましょう。

それだけでも気持ちがスッと楽になります。

 

そして、「いざとなったら仕事を辞めればいいだけ。辞めてもなんとかなる」とつぶやいてみましょう。

世の中にはお金をかけずに楽しく生きている人もたくさんいるので、そういう人たちのブログや本を読んで、「嫌なことをしなくても生きていく方法はいくらでもある」ということを知っておくといいですよ。

それだけで人生に対してゆるくなれます。

 

「な~んだ、こんなにがんばらなくても楽しく生きられるんだ」って。

 

まとめ

んとうはいつだって自分を甘やかしていいんだけど、それに抵抗がある人は、せめて心が弱っているときくらい自分にやさしくしてあげましょう。