読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

嘘にまみれた「私」の脱ぎ方

人から嫌われないために装っていた「私」を脱ぎ捨てて、素の自分で生きていく決意をした私の大暴走をご覧あれ!

瞑想はバックグラウンドで作動している無駄なアプリケーションを終了する作業

心と体のバランス・自律神経

のところなんだか調子が悪いなあと思っていたら、瞑想するのを忘れていました。

何度かサボるうちに、日課から抜け落ちてしまっていたみたいです。

それで、数日前からまた再開しています。

(↑この本についているCDは首の軽いストレッチを取り入れているところがお気に入り。ただ、話し方がカタコトっぽいので気になる人は気になるかも)

たった十分~十五分だけれど、これをするのとしないのとでは一日の心の状態が全然違ってくるなあ、と改めて実感しました。

 

 

 

瞑想をしているあいだって単純に心地いいんですけど(最後の方は頭が真っ白になってぼーっとします)、それによって雑念をクリアにすることで、一日を落ち着いて始められる気がします。

 

私たちはいつでもフリーズ寸前

っとその中にいると忘れてしまうけど、私たちって、ふだんは頭の中がごちゃごちゃに散らかっているんですよね。

「今日は何をしようか」と考えている間もバックグラウンドでは「何しても無駄じゃないか」という不安や「あのときのあれ腹が立ったわー」というイライラが作動し続けていて、フリーズ寸前のパソコンみたいです。

 

瞑想は無駄なアプリケーションを終了する作業

想はこのバックグラウンドで作動している無駄なアプリケーションを終了する作業なんです。だから、サボると脳の動きが重くなって、心や体などいろんな場所に不具合が生じます。

たまにめんどくさくなることもあるけど、この十分間があるかないかで生活の質が全然変わってきます。

 

瞑想を続けていると自分の心理状態に気づきやすくなる

と、日常生活においても、

「む、私はいま不安がっているぞ」

「起こってもいない未来のことを妄想してイライラしているぞ」

と自分の心理状態に気づきやすくなります。

気づいたら「無駄だからやめよう」って思える。

気づいてるけどやめられないときもありますけどね(笑)

でも、気づかなければやめるという選択肢すら浮かばないので、やっぱり気づきは大切ですね。

 

さいごに

トレッチや朝ウォーキング、筋トレ、顔トレはサボても、瞑想だけは毎日続けようと思いました。ここさえ押さえておけば、日々を穏やかに過ごせそうな気がします。

 

▼関連記事

ikkagetsu-10mannen.hateblo.jp

ikkagetsu-10mannen.hateblo.jp