読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

嘘にまみれた「私」の脱ぎ方

人から嫌われないために装っていた「私」を脱ぎ捨てて、素の自分で生きていく決意をした私の大暴走をご覧あれ!

パソコンがフリーズしたことで自分の感覚を信頼できずに頭で考えすぎていることに気づいた

私を実況中継!(現状報告など)

夜、ノートパソコンで小説を書いていたら、突然キーボードが反応しなくなってしまいました。文字入力ができないだけじゃなくて、キー操作全般がダメになったしまったんです。

 

(ポメラが欲しいけど使いこなせるかわからなくて保留中です)

 

 

マウスだけは動いていたので、あちこちいじっていると、どうやらメールソフトのフリーズが原因らしいことがわかりました。

そこで、タスクマネージャーを呼び出して、問題のソフトを強制終了しようとしたのですが、何度試してもダメ。さらに別の方法で消そうとしたらアクセスを拒否されてしまいました。

 

こうなったら最終手段を取るしかないと、強制的に電源を落とそうとしたのですが……

 

電源ボタンも反応せず!

 

しかも、ノートパソコンなのでコンセントを抜いてもバッテリーがなくなるまで電源が切れないという……。

 

これはもうどうしようもないということで、お手上げしました!

降参じゃ~。

 

眠っている間に電源が切れてくれるようにコンセントだけ抜いて、そのまま放置しておきました。

 

まだ寝るには早かったので本を読んだりしていたのですが、なんとなくぼーっとしたくなってきたので、途中で読書を中断してみました。

「どうしてパソコンが動かなくなったんだろう。何のメッセージなんだろう」

そんなことを考えていくうちに、「パソコンのフリーズ=思考停止」ということで、「考えるのをやめなさい」「考えすぎていますよ」という意味なのかなという思いが浮かんできて……。

 

これには心当たりがありました。

前日に書き始めた掌編小説なんですけど、せっかくリラックスして楽しく書けていたのに、「内容が薄すぎるかな?」と悩み始めた途端にしんどくなってきてしまって、ストーリーはほぼ完成しているのに前に進まなくなってしまったんです。

パソコンのフリーズは、「もういい加減、考えて悩んで不自然に作り込む今のやり方を捨てなさい!」というお叱りだったのかなと思いました。

 

最近、他にもいろいろと考えすぎている部分があるので、もっと自分の感覚を信じる方向に切り替えていきたいです、