嘘にまみれた「私」の脱ぎ方

人から嫌われないために装っていた「私」を脱ぎ捨てて、素の自分で生きていく決意をした私の大暴走をご覧あれ!

お手上げしてみたら、「やってみたらなんかうまくいっちゃった」というパターンが多くなってきました!

のところ創作に夢中で、ブログがサボり気味になっています。

どうも、つるぞのです。

f:id:chelsea-labo:20160927100851j:image

いま、こんな張り紙を部屋に張ってます。

なんかね、いい意味であきらめがついたんですよ。

「もう自分でなんとかしようとするのやーめた!」

みたいな(笑)

 

 

楽しくできることだけやって、勝手に熱中できる部分だけがんばって、あとは他人まかせ。

「誰かなんとかしてくれるでしょ!」

のスタンスで、のんびりやってます。

 

そしたら最近、「やってみたらなんかうまくいっちゃった」っていうパターンが増えてきました。

 

心の整理屋も、今回「この案件、私で大丈夫?」って不安になったんですけど、やってみるとお客様の一言がヒントになったりして、結果的にうまくいっちゃいました。

すごく喜んで下さって本当にうれしかったです。

 

あと、小説の方も、まったく展開も結末も考えずに書き始めた作品がいい感じに仕上がっちゃいました。

さらに、小説を読んで下さったおじいちゃん(怒られそう!)からの評が刺激になって、気づいたら夢中で書き直していました。

結果、頭の中で思い描いていたことがだいぶ形になってきました。この作品としてではなく、私の目指す表現形態として。

 

たぶんいまの私って、周りから見たらめっちゃ努力してるように見えるんだと思います。でも、本人は楽しんでるだけ、勝手に体が動いてるだけっていう状態なんです。

 

他にも、思いつきで作ったお菓子や料理がおいしく仕上がったり、たまたま紹介された本が探していたもの(タイトルではなく、「こんな感じの本が欲しいなあ」という漠然としたもの)だったりと、いろんな部分でうまくいき始めています。

 

ブログもめっちゃ適当になってきてるんですけど(気づいてる!?笑)、なぜかいまの方がアクセス数多いです。あんまり更新してないのに、なんでだ!?

 

まとめ

んなふうに、「やってみたらなんかうまくいっちゃった!」という経験を積み重ねることで、自信がついてさらに流れに乗りやすくなるんだろうなと思いました。

最初は怖いかもしれないけど、こればっかりは自分で体験してみないと始まらない♪