読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

嘘にまみれた「私」の脱ぎ方

人から嫌われないために装っていた「私」を脱ぎ捨てて、素の自分で生きていく決意をした私の大暴走をご覧あれ!

心屋認定カウンセラー・らいくみさんのオープンカウンセリングに参加してきました!

私を実況中継!(現状報告など)

んにちは、心の整理屋つるぞのです。

昨日、新大阪で開催された心屋認定カウンセラー・らいくみさんのオープンカウンセリングに参加してきました。

悩みを相談したいというよりも、「心屋ファミリーに会ってみたい」「生のカウンセリングの場で勉強したい」という不純な理由での参加だったんですけど(ヤバイ? 怒られちゃう?)、想像していた以上に収穫の多い時間となりました。

f:id:chelsea-labo:20081015160000j:plain

心屋さんの本とブログを読んでるだけで十分かなと思ってたんですけど、ガチで心屋式を実践している人の話を聞くと感じ方も全然違いますね!

めちゃくちゃ刺激的でした!!!! 

参加したことで、「よっしゃ、私も後先考えずに飛び込んだろか!」っていう気持ちが五割増しくらいになりました。(もともと0%やけどな)

今日はその話と、オープンカウンセリングへの参加を迷っている人のために、雰囲気などを公開しても問題のない範囲でお伝えしたいと思います。

 

 

大きく飛躍したければ相応の覚悟が必要!

金の相談になったところで、らいくみさんがおもしろいお話を聞かせて下さいました。

彼女は貯金もなくお金をひたすら回す生活を送っておられるそうなんですけど(それだけでもすごいよね笑)、あるとき新聞で旅行の広告を読んで「行きたい」って言っちゃったそうです。(ちょうど行きたいと思ってたところの広告だったらしく)

で、ちょうど出費が重なる時期だけど、こんな仕事をしているからには、行きたいと思ったのにお金のことで辞めたら怒られる、と(笑)

ほんまにまったく当てとかなかったらしいんですけど、とりあえず申し込んでみたそうです。そしたら、あっちこっちから予想外のお金が入ってきて、本当に資金が集まってしまったそうです。

だいぶはしょりましたが、実際はもっとハラハラドキドキストーリーでした。

「この仕事をしているからには!」と怖いことに飛び込む=体を張って生きているらいくみさんの姿勢にも感動しましたし、大きく飛躍したければ、それ相応の覚悟が必要なんだということにも気づけました。

悩みもないのに行っても無駄かなと渋ってたんですけど、参加してみて本当によかったです。

 

オープンカウンセリングの流れ

ープンカウンセリングへの参加を迷っている方のために、かんたんな流れをご紹介します。

※らいくみさんのオープンカウンセリングの場合なので、他の認定カウンセラーさんはまた違うかもしれません。

参加人数

満席で6人と付き添いのお子さま1人で計7名の参加でした。(らいくみさんのオープンカウンセリングはお子さま連れオッケーです)

ルール

相談は挙手制になります。早く手を挙げた人が指名されて、その人とらいくみさんのマンツーマンでのカウンセリングが始まります。

残りの人は黙ってそれを聞きながら自分なりに吸収するといった感じです。

質問状況

2時間で3人ほど相談できていました。参加者の中には話を聞きたいだけの人もいるので、相談権の奪い合いとかはなかったです。

雰囲気

全体的に楽しくて和やかな雰囲気でした。笑いがもれることも多かったです(笑)

たぶん私だけ初めての参加だったんですけど、すぐに馴染めました。

特にコミュニケーションが必要な場面もないので、対人不安がある方でも安心して参加できるんじゃないでしょうか?

料金

お気持ち制(自分で決めた額を払う)です。払ったお金は寄付されます。

お金は用意された封筒にこっそり入れて机の上に置いて帰ります。なので、「私だけ少なすぎるかな?」とか心配することもありません。

 

オープンカウンセリングに参加したい方はこちらから

ープンカウンセリングは全国各地で毎月実施されています。

詳しくは下の紹介ページをご覧下さい。

www.kokoro-ya.jp

 

らいくみさんのご紹介

後にさらりとらいくみさんの紹介を。

らいくみさんは、ギャンブル依存や共依存など依存症全般を得意とされる心屋認定カウンセラーさんです。

大阪弁でハッキリ物を言う方ですが、雰囲気や話し方が優しくて、とても居心地がよかったです。

 

 ↓らいくみさんのブログはこちら

ameblo.jp

 

まとめ

加して話を聞くだけでもたくさんの発見があるので、迷っている方はぜひ飛び込んでみて下さい!

特に怖いことは起こらないので大丈夫だよ(o^^o)

もし1人での参加が不安だという方は、一回千円+往復交通費で私がお伴します。(メールで問い合わせてね!)