読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

嘘にまみれた「私」の脱ぎ方

人から嫌われないために装っていた「私」を脱ぎ捨てて、素の自分で生きていく決意をした私の大暴走をご覧あれ!

生き方を切り替えると、いろんな場面で試される瞬間が出てくる!

いこのあいだ、「自己受容が進むと問題の捉え方が変わる! いろんなことが怖くなくなる仕組みについて 」という記事を投稿しました。

 

今日はこれについて補足があります。

 

 

あれはちょうど、らいくみさんのオープンカウンセリング(心屋塾のオープンカウンセリングの詳細はコチラ)で刺激を受けて、「私ももっと大胆になろう! 今以上に飛び込んでいく覚悟を持とう!」と決めた直後の話でした。

 

あのとき、母からは他にも不安になるようなことをいろいろと言われたんですが、そのときに、

 

「あ、私はいま試されているな」

 

と感じたんです。

 

「それでもそっちの生き方で行くのか?」

 

って。

 

ひとつの通過儀礼みたいな感じですね(笑)

 

で、私はそれでもこっちを選びたいと思いました。

 

だって、これまでの保守的な生き方に戻して、「欲しいものが手に入らなかった」って後悔するのは嫌だもん。

 

好き勝手生きて失敗する可能性もありますが、それはそれで「これまで散々好き放題やってきたから」ってあきらめがつくと思います。

結局、その方が相対的な楽しい時間は多い気がしますしね。

 

それに、これは実際にやってみたらわかると思いますが、この生き方を続けていると、ちょっとやそっとじゃ揺るがない自信がついてくるんです。

「あ、私は何があっても大丈夫だ」って。

この感覚を知ってしまったら、もう不安で怯えていたあの頃には戻れません。