読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

嘘にまみれた「私」の脱ぎ方

人から嫌われないために装っていた「私」を脱ぎ捨てて、素の自分で生きていく決意をした私の大暴走をご覧あれ!

「会いたくなる人」になればビジネスは成功するんじゃないかと思った話(友だちのお店に遊びに行ってきたよ♡)

5日にらいくみさんのオープンカウンセリング(二回目)に参加してきました。

そのときの話はまた後日するとして、今日はその前に友だちのお店に寄ったときの話をします。

接客業に楽しみを見いだせない人や、ビジネスをやっている人(これからやりたい人)にとって大きなヒントになるはず☆ 

f:id:chelsea-labo:20161027082549j:image

本題に入る前に、チラッと友だちのお店を紹介させて下さい!

こちらは、心斎橋にあるイタリアンバル「チェルキオ レガーメ コンパーニョ」です!

気さくで面倒見のいいわたしの友だち・ちぃちゃんと、その仲間たち(オーナーと店長)の三人でやっているお店です。

イスがめちゃくちゃ高くて助走をつけないと登れないのが特徴です(※誇張表現あり)

 

ランチタイム はうれしい全席禁煙♡

現在のランチメニューは

  • モリモリからあげプレート
  • オムライスプレート
  • からあげカレーの

3種類です。

tabelog.com

 

f:id:chelsea-labo:20161027082554j:image

 

私は今回からあげプレートを頼んでみたんですけど……見て! ほんまにモリモリ!

これ一個がすごく大きいので、見た目の二倍くらいの量です。

ぜんぶ食べたらお腹が妊婦さん状態になりました←

 

ちぃちゃん「ようぜんぶ食べたな」

 

えー!? 食べる前提で出してるんちゃうの!?笑

 

と、まあ、こんな感じでボリューミーなので、食が細い人は少なめでお願いして下さいね(笑)

 

ちなみに、タマゴたっぷりのタルタルとにんにくが効いたからあげ、そしパセリ風味のバターライスがお口の中でいい感じに絡み合っておいしかったです。

からあげは揚げ立てでサクサクやし、鶏肉もええ味してた( ゚Д゚)

(私が薄味に慣れすぎているせいかもしれませんが、味付けは割と濃いめでした! ワンプレートで大満足できます)

 

 

前置きが長くなりましたが、ここから本題!

 

「会いたくなる人」になればビジネスは成功する

のね、ちぃちゃんのお店に行って帰ってきたあと、すぐに「また行きたい」って思ったんです。

f:id:chelsea-labo:20161027162727j:image

(↑左がちぃちゃんです!)

でも、それは「あの味がもう一度食べたい」というよりは、「ちぃちゃんたちに会いに行きたい」っていう気持ちの方が強かったんですね。

開いたばっかりやから応援したいっていう思いもあります。

(※誤解を生むとあれなので補足しておくと料理もおいしいんですよ! でも、もしそんなにおいしくなかったとしても、やっぱり行きたいって思ったやろうなという話です)

 

つまり、

 

店とかサービスとか料理  <  人

 

これなんです!

「この人たちに会いたい」「この人たちにお金を流したい」

という感じで、人に価値を感じているっていう。

 

もちろん、内容も大事です。どんなにその人が好きでも不要なものを買うことはできません。

でも、ある程度ニーズを満たしていれば、あとはその人が好きかどうかだけなんです。

別に飛びぬけて魅力的というわけでなくても、相手が好きやったら財布がゆるむ(笑)

会いたいっていう理由だけで買いに行ってしまう。

 

だから、「会いたくなる人」になったら、ビジネスなんてほぼ成功したようなもんやと思うんです。特別な才能がなくてもちゃんと回っていくんちゃうかなと。

 

それから、本日のテーマその2!

 

会いたいときに会える人でいられるのが接客業!

れからは、いつでもあの店に行けばちぃちゃんに会えるのか~。

そう思ったらすごく楽しい気分になれました。社会人になったら仕事の都合とかもあるから、会いたいと思い立ったそのときに会うってなかなか難しいんですよね。

でも、お店ならそれが叶ってしまう。

それがめっちゃ嬉しくて、行ったばっかりやのに「次はいつ遊びに行こう?」とワクワクしている自分がいます。

でも、その一方であることをうらやましく感じました。

「会いたいときにいつでも会いに行ける人」であるちぃちゃんっていいなあって。

みんなが気軽に会いに来てくれる環境がうらやましいなあって。

そこで気づいたんですけど、接客業って「会いたいときに会いたい人」でいる仕事なんですよね。

時給何百円のコンビニ店員だろうがタバコ屋のおばあちゃんだろうが、「あの人に会いたい」を叶える仕事であることには違いない。

そう考えたら、「誰でもできるしつまんない」と思っていたコンビニの店員(私、昔コンビニ店員してたんです)もいい仕事やなあって。

 

私もなんかみんながいつでも会いに来れる「つるぞのちゃんルーム」みたいなの開きたいな~。

新しい夢ができちゃった!

 

まとめ

ぺきなサービスよりも、最高に価値のある商品よりも、魅力的な人がやってるっていうのが一番強いです!

そのためにどうしたらいいかわからないという人は、個人的に相談に応じますのでまずはメニューをご覧になってメールしてください↓

chelsea-labo.hatenablog.com