読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

嘘にまみれた「私」の脱ぎ方

人から嫌われないために装っていた「私」を脱ぎ捨てて、素の自分で生きていく決意をした私の大暴走をご覧あれ!

拗ねたくなったから拗ね倒してみたらなんかめっちゃ幸せになった話

のあいだ、ツンくんに超嫉妬する事案が発生しました。

かんたんに言うと、「この女、ツンくんのこと狙ってるんちゃうか!?」みたいな出来事があったんです。

(内心はもっと過激。「なんでこの子こんなに私の彼氏に密着してるの!? 他にも女の子がおるねんから女同士でくっついて座れよこの(自主規制)が!!!!」って感じですよねー怖)

f:id:chelsea-labo:20161102145854j:plain

ここでいつもなら中途半端にちょっとだけ拗ねて、でもすぐに自分を無理に納得させる方向に進んでたんですけど、あえて拗ねてみることにしました。

これまでプライドとかあってそういうの出せなかったから、一度これまでと逆の行動をしてみようと思ったんです。

 

 

拗ねると言っても、ちょっと無口になる程度やったんですけどね。

傍から見たら、単にゲームに夢中になってるだけの子、みたいな(笑)

 

でも、ツンくんはちょっと変だなと気づいてくれてて、

「どしたん?」

と、なんやかんや私の機嫌を取ろうとしてくれる。

 

で、

「拗ねてるん?」

って聞いてきたから、

「拗ねてるねん」

と、度ストレートに答えてみた。

でも、「なんで?」という質問には答えられず。

(うわー、私、めんどくさい子やなー)と思いつつ、

(でも、これが私やからしゃーない。だって、拗ねたいんだもん)

で押し通してみた。

 

「女の子に侍らされてたー!」

とか、思ったことを口にしてみたりもした。

(でも、これ本音はではないんだけどね! 本音は下の方に書いてます)

 

んで、くっつきに行って甘えた倒すうちに、時間が来てツンくんは帰っていきました。

 

一人になったあと、何を感じたと思います?

 

「なんでこんな拗ねてめんどくさい子になってるのに優しくしてくれるのー!(ヤバイ私めっちゃ愛されてるー)」

 

だったんですよ(笑)

 

「なんやねんお前!」って、思わず自分に突っ込んだわ(笑)

 

結局、「私めっちゃ愛されてる」を感じたくて、拗ねちゃったみたいです。

わざわざ自分から不安になりにいって、拗ねる状況作って、拗ねてるようなもん(笑)

いやー、私めっちゃ可愛いやん(自分で言っちゃう)

 

でも、この方法ね、拗ねてる自分を責めちゃう人には逆効果だと思うのでそこだけは要注意!

やるなら「拗ねてる私も可愛い!」くらいの気持ちでやらないと、険悪なムードになる可能性大です。

それでも、これまで嫉妬を表に出すのが苦手だったという人は、一度試してみるといいですよ。そこがブロックになっている可能性があるので。

 

それでね、そうやって一通り感情表現をしたら、そのあとに自然と本音が出てきたんです。

私の場合、あとからですけど、ラインで「この子がツンくんのこと狙ってるんじゃないかと思って不安になって拗ねててん。でも、甘え倒したら気が済んだ」って、報告しました。

そしたら、「それはないよ。この子は〇〇に今度男を紹介してもらうことになってたわ」と教えてくれました。

 

……あれっ?

 

最初から、

 

「この子、ツンくんのこと狙ってるの? 不安ー」

 

って言えばよかっただけの話じゃない?

 

うん、そうなんですよね。

それが言えなくて、「拗ねる」という行動に出たんですよね(笑)

本音を伝えることからいったん逃げました(笑)

というか、先に感情を処理しないと自分でも本音が見えてこないんですよね。

 

さすがに毎回拗ねてツンくんに甘えるのもアレなんで、

次は「不安」という本音をそのまま口にする練習をしてみる予定です。

 

でも、拗ねるのも楽しいから、これからもあえて拗ねてみたりしようかな(笑)