読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

嘘にまみれた「私」の脱ぎ方

人から嫌われないために装っていた「私」を脱ぎ捨てて、素の自分で生きていく決意をした私の大暴走をご覧あれ!

勇気を出して仕事を延期してもらったら、ネガティブな声がぞろぞろ出て来きました( ゚Д゚)

人間関係(家族・恋愛・友情他)

だちのお店の店長さんがカウンセリングに興味を持って下さったので、「やらせて下さい」と言ってみたら快諾して下さいました。

しかも、めっちゃ楽しみにしてくれているという!

 

f:id:chelsea-labo:20161207165522p:plain

それなのに、約束した日の少し前にタイミング悪く久々にひどい体調不良を起こしてしまいました。

 

 

「当日までには治るかな?」と粘ってみたのですが、どう考えても復活しそうにない。

もし回復したとしても、こんなに精神状態が落ちた状態で会ったら、逆に相手のエネルギーを奪ってしまうと思いました。

 

そして私自身、「しんどいときはちゃんと休みましょう!」って伝えてるのに、無理して行ったら意味ないやーん!

 

と思って、本当はめっちゃ怖いけど延期のお願いをしてみました。

 

実は私、昔から休むことが苦手で、学校や会社に「休みます」の連絡を入れたくないがために無理に行ったり無断欠席したりすることが多々あったんです。

ただでさえ苦手なのに、今回は会社ではなくてクライアント様に直接言わなきゃいけない。

 

めーっちゃ怖かったです(´;ω;`)

 

でも、勇気を出してラインを送ってみました。

そしたらすぐに心温かいメッセージとともに「全然気にしなくていいので、まだ元気になったら連絡してください」と返事がきました。

 

ふつうなら、ここで「あーよかった。優しくしてくれてありがとう!」で終わるじゃないですか?

 

ところが私の場合、

 

「忙しい中わざわざ予定空けたのにって怒ってないかな?」

「私が実は嫌がってるとか思われないかな?」

「本当はもうどうでもよくなってて、このまま断りたいとか思ってたりして」

 

こんなふうにネガティブな想像ばかりして、勝手に落ち込んでしまったんです。

 

他人が同じこと言ってたら、「絶対大丈夫やって! 妄想しすぎ(笑)」って突っ込むけど、自分のことになった途端にコレorz

 

でも、「おー、私毎回こんなこと考えてたんや。そりゃあ、何をするにも怖くなるよなあ」と、半分冷静な気持ちで見つめている自分もいました。

ちょっと新しい発見をした気分でうれしかったです(どっちや笑)

 

落ち込んだりイライラしたりしたときは、こんなふうに感情を分析してみるとおもしろいし落ち着きますよ。

私はよく心の中で「待って待って、何にそんなに反応してるの?」って自分に聞いてあげます。

常に自分に問いかける癖をつけると、負の感情が起こってもそこまで動じなくなるのでおすすめです。