読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

嘘にまみれた「私」の脱ぎ方

人から嫌われないために装っていた「私」を脱ぎ捨てて、素の自分で生きていく決意をした私の大暴走をご覧あれ!

さをりんさんの初級セミナーに参加してきました! ワーク中に思いがけない本音が出てきて今もまだドキドキしています

リスマス・イブイブ(23日)にさをりんさんの初級セミナーを受けてきました。

実は、だいぶ前から気になっていたんですけど、「そこまで悩んでないのに無駄かな?」という気持ちがあって判断を先延ばしにしていました。
でも、先日、「これって受るまで気になり続けるよね? だったら、今年のうちに行ってしまおう! 無駄になるかどうかなんて体験してみたいとわからない!」と思い立って、ギリギリで申し込んだ次第です。

こういうのって、勢いをつけないと決断できないんですよね(笑)

 

f:id:chelsea-labo:20161225105927j:image

(↑さをりんさんとのツーショット♡赤と白とグリーンという完ぺきなクリスマスカラー笑)

 

結果……

 

受けてみて本当によかったー!!!!

 

らいくみさんの個人カウンセリングで言われた「感情を置いてきてる」の意味も、ここで完全に腑に落ちました。

 

すごいよ、いろんなところでいろんなものがつながってくる。

 

 

初級セミナーでは、テキストを使っていろんなワークをやりながら心のブレーキを外していきます。

ワーク自体はいつも自分でやっていることに似ていたんですけど、時間制限がある中で、グループの人たちとシェアしながらやることで、自分で思ってもみなかった答えが出てきてびっくりしました。

 

私が書き出した中で特に衝撃を受けたブレーキは、

 

「どうせ自分は売れっ子作家になんかなれないから、作家業だけで望む収入を得ることはできない」 

「本当は書くこと(しかも、文芸作品)だけを仕事にしたい」

 

この二つです。

 

あれっ……

 

カウンセリングはどうなった?

 

いやいやいや、今さらそこやりたくなかったとか言わないでね?

 

と、めっちゃ抵抗があって、「消したい」って思ったんですけど、それをしないためにボールペンを使っているので耐えました(笑)

 

カウンセリング活動自体は楽しくて、「もっといろんな人にやらせてもらいたい!」

 

って思ったんですけど、よくよく分析してみると、「いろんな人と話したい!」「いろんな人に私の生き方を伝えたい!」「いろんな人に私が好きなものについて話したい!」という気持ちが根っこにありました。

 

……うん、それ、カウンセリングじゃなくてもいいよね。

ていうか、それを作品に詰め込めばいいんじゃ……?

 

これ、ここに書くのめっちゃ怖かったです。

いまも「大丈夫かな?」って不安です。

だって、これまでに協力してくれた人に申し訳ないから。

 

無料モニターを受けてくれた人、東京から時間とお金をかけて会いに来てくれた人、興味を持ってカウンセリングを受けてくれた人……。

 

ごめんなさい。

そして、協力してくれて本当にありがとうございました。

 

いろいろやってみた結果、またここに戻ってきてしまいました。

 

もう、いい加減、書くことだけに絞る覚悟を決めます。

よく考えたら、「作家を目指す」と決めて以来、何年も似たようなことを繰り返していました。

とりあえず正社員になって生活を安定させようとしたり、とりあえず副業を成功させて書き続けられる環境を確保してから創作に打ち込もうとしたり。

ぜんぶ「未来のため」の行動で、今の自分のためじゃなかった。

 

ある意味、どれもその瞬間の「やりたい」に従った結果で、それがなければここで覚悟が決まらなかったので、私にとって必要な経験であったということには違いないんですけどね。

 

あれ……

 

じゃあ、私は何に対し謝ってるんだろう?

 

……謝らなくていいんですね(笑)

 

そうじゃなくて、私に関わってくれたみなさんありがとうございました。

 

やっと、「私には書くことだけで生きていけるほどの才能はない」という思い込みに気づくことができました。

これまで怖くて直視できなかった、心の奥にある「拗ね」に気づくことができました。

 

そりゃあ、こんなもん持ってたらなかなかデビューできませんよね。だって、この仮定を証明するためには、作家として成功しちゃダメだもん。

 

もう、これ、やめよう。

 

いまになって母から言われ続けてきた、

 

「あっちこち寄り道さんと一番やりたいことしなさい」

「さっさと作家デビューしいや」

 

という言葉が胸にしみます。

これ、私が心の中で私に言い続けてたことなんですよね。

でも、できないと思っていたから無視し続けてきたこと。

 

それに気づいて向き合う覚悟を決めたここから、どういうふうに人生が変化していくのか楽しみです。

 

初級セミナーの最後に、自分で書き出した中から特に取り入れたいものを二つ選んでスマホに貼るんですけど、

 

私は、

 

「どうせ私宇宙一の売れっ子作家だし」

「(文芸作品を)書くことだけを仕事にする」 

 

この二つに決めました。

 

サービス内容を変更します

いうことで、来年から本格化させると言ったばかりですが、カウンセリング活動は停止します。

ただ、いろんな人と会って話したいという欲求は大きいので、カウンセリングと固定せずに、会っておしゃべりするサービスに切り替えようと思います。

もちろん、カウンセリング的なことを求められれば喜んでやらせてもらいます。あくまでも、「会って話すこと」を売りにして、それ以外は「おまけ」みたいな位置づにするということです。

その方がお互いにリラックスできるので、結果的に得られるものが大きくなるんじゃないかと予想しています。

とりあえず、近々メニュー表を変更するのでよろしくお願いします!

 

さいごに

級セミナーのいいところは、その場だけでなく、家に帰ってからもテキストを読み返しながら自分でワークを続けていけるところです。

一人でやってもいいし、友だちとやっても楽しいだろうなと思いました。

 

余談

去に捨てた自分を取り戻すワーク中に思わず涙が込み上げてきて、人前で鼻水たらした泣いちゃいました。最初は笑いながらやってたのに、さをりんさんの声を聞いているうちに、自然と込み上げてきまして。

泣いている間、さをりんさんとあなりんさんが肩をトントンとたたいてくれたんですけど、そこから愛情が流れ込んできて、ものすごく優しい気持ちになれました。

実は、お会いするまでは、さをりんさんの顏が意地悪そうに見えていて(失礼でごめんなさい笑)、会うのが怖かったんですけど、実際のさをりんさんは愛にあふれた豊かな女性でした。もう、女神みたい(笑)

らいくみさんが「さをりん大好き」って書いてたから、それなら間違いないって思ったけど、ほんとにそうだった!