嘘にまみれた「私」の脱ぎ方

人から嫌われないために装っていた「私」を脱ぎ捨てて、素の自分で生きていく決意をした私の大暴走をご覧あれ!

まずは自分にあるものをフル活用★技術や知識はその都度少しずつ取り込んでいけばOK!

久しぶりのつるぞのです。

現在、次の賞に応募するために、江戸時代を舞台にした短い話を書いているところです。

f:id:chelsea-labo:20170125161438j:plain

「現代以外を舞台にした作品は自分には書けない」

と思っていたのですが、ヤケクソでやってみたら、意外とそれらしい雰囲気が出てきておもしろくなってきました。

新しいことに挑戦するのって楽しいですね!

失敗することに抵抗がなくなってきたおかげで、最近はチャレンジのハードルが下がってきています。

「失敗しても、無駄になっても、不格好になってもええやん!」

のスタンスで、これからどんどん攻めの姿勢に変えていこいうと思います。

 

 

それから、私は記憶力がないので読書量の割に語彙力が低いんですけど(言葉の意味や読み方もよく間違えます(笑))、意味もわからないままある言葉が浮かんできて、「調べてみたらぴったりの言葉だった!」というパターンが多いおかげで助かっています。

こういうとき、「潜在意識スゲェェエエエ!」ってなります(笑)

無理に覚えようとしなくても、必要なところで必要な言葉が浮かんでくるものなんですね。(言葉だけでなく、情報や出会いもそうだけど)

 

「どうせ古い言い回しとか思い浮かばないし、歴史もさっぱりわからんから、別の時代の話なんて無理」と、これまで手をつけずにきましたが、少し作品の幅が広がりそうです。

活躍中の作家さんたちも、こうやって少しずつ書けるものの幅を広げてきたのかなと思うと、またちょっと自信が湧いてきました。

 

ないものを嘆いていても仕方がないし、今すぐ能力を上げようとしても焦るだけ。

まずは自分にあるものをフル活用しながら、「楽しい」と感じられる速度でその都度新しいものを取り込んでいきます。

 

(いま、気持ちが99%小説やエッセイに向かっているので、ブログの文章がごっちゃりしてるのは大目に見てね!)