読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

嘘にまみれた「私」の脱ぎ方

人から嫌われないために装っていた「私」を脱ぎ捨てて、素の自分で生きていく決意をした私の大暴走をご覧あれ!

やりたくないことは後回し! そのうち、ふとやりたくなる瞬間が来るから焦らなくても大丈夫です

お金・夢・才能・仕事

今日の午前中、やっと前年分の記帳を終わらせました。経費の入力は終わっていたので、あとは売上金を入力するだけだったのですが、これがなかなかやる気になれなくてずるずる先延ばしにしていたんです。

 

今回は確定申告の必要がないので急がなくてよかったんですけど、なんとなく確定申告の〆切までにすっきりさせておきたい気持ちがあって焦っていました。

 

でも、いつも無理やりやってイライラしていたので、今回は「やりたくなるまで放っておく」を徹底してみました。

そしたら、今日突然やりたくなったというわけです。

 

おかげで落ち着いて気分よく仕事を片付けることができました。これでやっと一年の区切りがついた気分です。

 

ということで、どうしてもやらなければならないことがある場合は、「そのうち自然とやりたくなる」と自分に言い聞かせて放置するのがオススメです。

それで、先にやりたいことからやってしまいましょう。それをして自分を満たせば、「そろそろあれやってもいいかな」と思える瞬間が訪れます。

 

私の場合は、小説が前に進んだあとが多いです。「今日はもう充分書けたから、ちょっと用事でも片付けようかな」ってなります。

こういうときって、「やらなきゃ」じゃなくて「あれしよう♩」という自主的な意識になっているので、自然と作業もはかどります。

 

まとめ

私のように「先にやるべきことをやってから」としつけられてきた人は、それが当たり前になってしまっていると思いますが、案外逆にしても困らないし、むしろ流れがよくなるので、ぜひ一度パターンを壊してみて下さい!