読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

嘘にまみれた「私」の脱ぎ方

人から嫌われないために装っていた「私」を脱ぎ捨てて、素の自分で生きていく決意をした私の大暴走をご覧あれ!

なかなか悩みがスッキリしなかったのは、全力で解決策を考えてなかったからでした!

とつ前の記事の「夜の×××」の話を書いていて気づいたことがあります。

それは、「不満だ! 変えたい!」と思いながらも、全力で解決策を考えていなかったということ。

 

これまでに何回か意思表示はしたんですけど、せっかく彼が「じゃあ、どうしたらいいの?」って聞いてくれてもうまく伝えられなかったり、その場限りでまた次回からもとに戻ってしまったりで、すぐにあきらめちゃってたんです。

「言っても無理だから仕方ない」と勝手にあきらめて我慢モードに入る⇒やっぱり嫌でイライラというパターンを繰り返していたので、たぶん、彼的にはH♡そのものを嫌がられているように感じるときもあったんじゃないかと思います。

全然そんなことないのに!

 

で、もしそこで、「次はこんなふうに伝えてみよう」と、いろいろ作戦を練っていたら、イライラじゃなくワクワクした気持ちでチャレンジできただろうし、もっとあっさりうまくいってたんじゃないかなと思ったんです。

渦中にいるときは見えてなかったけど、なかなかスッキリしなかったのは、私が全力で解決策を考えようとしなかったことが原因でした。

 

結果的にまちゃともからおもしろいアドバイスがもらえたからよかったんですけどね(笑)

 

今後、「全力で工夫する&作戦を立てる」をテーマにしていこうと考えたら、なんだかまたワクワクしてきました。