嘘にまみれた「私」の脱ぎ方

人から嫌われないために装っていた「私」を脱ぎ捨てて、素の自分で生きていく決意をした私の大暴走をご覧あれ!

これであなたも甘え上手♡パートナーに上手に甘えるコツ&初心者がつまずきやすいポイント

はもともと人に甘えるのが苦手で、自分でぜんぶ背負い込んでは、周りの人たちに対して「あなたはぜんぜんやってない!」と糾弾しているような人間でした。

だからと言って、尽くすタイプでもなかったのですが、言いたいことを我慢して憎しみを腹の底でふつふつと育てていくような、そんな感じの恋愛をしていました(もはや恋愛じゃない

f:id:chelsea-labo:20170323160700j:plain

そこから十年以上の月日が流れ、先日の記事でも書きましたが、だいぶ甘え上手になってきました。

ここへ来るまで、何度も失敗を重ねながら試行錯誤を繰り返してきたので、ある程度躓きやすいポイントも把握できています。

なので、今日はパートナーに上手に甘えるコツ&つまずきポイントについてまとめたいと思います。

 

 

パートナーに上手に甘える3つのコツ

ートナーに上手に甘えるコツは、

  1. 自分がしてもらうと嬉しいことを
  2. ひとりごとのように
  3. 楽しい雰囲気で♪

伝えることです!

 

男性は基本的に女性の望みを叶えたがってくれているのですが、それが強制になるとやる気を失います。

だから、イメージとしては、「私が喜ぶことカタログ」を渡す感じで伝えていきます。

 

コツは以上です!

あとは彼が好きなタイミングで叶えてくれるのを待つだけ!

めっちゃシンプルでしょ?

 

でも、これが実際にやろうとすると難しいんですよね。

……ということで、次の目次で初心者さんが躓きやすいポイントをご紹介します。

 

初心者さんがつまずきやすいポイント

が彼に甘える練習を始めたときに悩んだことは、

 

  1. 結果に執着しすぎて言い方が脅迫的になる
  2. 「こうやったらワガママを叶えてもらえる」と考えてやっているのがバレバレな気がする
  3. どこまで甘えていいのか限度がわからない

 

主にこの三つです。

 

「3.どこまで甘えていいのか限度がわからない」については、『恋人を怒らせるつもりで三日間好き放題やってみたら、逆にめっちゃラブラブになってしまった話(照 』で詳しく書いているので、ここでは残りの二つについて書きますね。

 

1.結果に執着しすぎて言い方が脅迫的になる

当初、「彼に甘えられるようにならない限り、この恋愛を待ち受けるのは死のみ」という切羽詰まった気持ちがあったので(超怖い!)、気づいたら結果に意識が向きすぎていました。

そのため、無意識のうちに彼をコントロールするような言葉を口にしてしまっていました。

 

【例文】

「そろそろ夕飯の支度したいから、食器洗ってほしいな~」

「自分で洗えばいいやん」

「じゃあ、もういい。ご飯作るのやーめた」(ちょっとキレ気味)

 

……ね? 

ぜんぜん可愛くないでしょ?(笑)

 

でも、これを「伝えたらそれでOK」モードに切り替えると、彼の返答にいちいち過剰反応しなくなります。「こうしてくれたら嬉しいな♪」と言い切って、無理ならあきらめるスタンスで。

「えー、あきらめるの無理!」

って思うかもしれませんが、意外と男性はせっせと叶えてくれます。

本人が忘れているようなことまで覚えておいて、ある日突然「前にこう言ってたよね?」とやってくれたりします。

 

「伝えたらそれでOK」モードにはもうひとつ利点があります。

それは、「ワガママ言うことに抵抗がなくなる」ってこと。

結果にこだわっていたときは、「ワガママを言う=相手に強制する」みたいな感覚だったので、いちいち口にする際に緊張していました。でも、伝えること自体を目的にすると、「やるかやらないかは彼が選ぶ」ということが腑に落ちるので、軽い気持ちで口にできるようになります。

 

2.「こうやったらワガママを叶えてもらえる」と考えてやっているのがバレバレな気がする

これについては、まちゃとも夫妻と話すうちに、「バレても問題ない」ということが発覚しました(笑)

「こうやったらワガママ叶えてもらえると思ってるやろ?」

「うん、そうやで(ニコーッ」

で、OKだそうです(笑)

旦那のまちゃと曰く、

「隠そうとしてもどうせバレてるから、さっさと言って楽になりな」

だそうで(笑)

「バレてもいいんや!」と腑に落ちたら、めっちゃ楽になりました。

それまでは、「こう思ってるやろ」と言われるたびに、「そんなことないもん!」と必死で抵抗してたんですけど、余計ながんばりでした(笑)

今では「どうやったら叶えてくれるかなー?」と策略を練るのがひとつの遊びになってきています。

そのあたりは彼の方が上手なので、せっせと真似してます(笑)

 

叶えてくれたら最大限の喜びを伝える!

後に忘れちゃいけないのが、「お願いを叶えてくれたときに、最大限の喜びを伝えること」です。

好きな女性が喜んでいる姿は彼にとって最高のご褒美(らしいよ!)

なので、彼が喜ばせてくれたときは惜しみなく喜びを表現しましょう。

私はその場の反応が薄いタイプなので(感情表現を抑える癖がありまして……)、最近はラインで伝えるようにしています。ただし、読み返してのたうち回りたくなるくらい恥ずかしい内容のものを(笑)

お互いに恥ずかしがり屋なので、その方が素直に表現できていい気がします。

 

さいごに

え下手さんは、「甘えすぎて嫌われたらどうしよう」という不安があるかと思います。私もそれが怖くてなかなか思いきれませんでした。

でも、そこを乗り越えると、「甘えた方が愛情が深まる」ということを実感できるようになります。(※相手が本当にあなたを愛してくれている場合に限る。そうでない場合はさっさと見切りをつけましょう)

ぜひ一度、遊び感覚でチャレンジしてみて下さい♪