嘘にまみれた「私」の脱ぎ方

人から嫌われないために装っていた「私」を脱ぎ捨てて、素の自分で生きていく決意をした私の大暴走をご覧あれ!

「始めることができた」って、それだけですごいことだと思う。

はこれまでいろんなことを途中放棄してきました。

f:id:chelsea-labo:20170323171536j:plain

このあいだ、それについて考えながら、「ずっと継続的にできてるのは書くことだけだなあ」と自分の人生を振り返っていたんですが、よく考えたら、「始めることができた」って、それだけですごいことだと思い直しました。

 

 

「継続は力なり」と言いますが、続ける続けない以前に、「始める」ところで消えていったものもたくさんあるから。

「やってみたいな」って思っても、「めんどくさい」とか「才能ないから」とか、いろんな理由でやらないままになっていることが、たくさん。

 

その中で、いろんな障害に潰されずに、とりあえず「始める」ところまで辿り着けたのってすごいことだと思いました。

ああ、よほど興味があったんだなあ、と。

 

ちなみに、過去に始めたことの中で、今は辞めてしまったorほぼやっていないことは……

 

  • クレイアート(粘土で作るミニチュアスイーツ)
  • ワイヤーアート(ワイヤーを曲げて作るアクセサリー)
  • トイカメラ
  • 自己暗示トレーニング
  • 布小物作り
  • ウェブライター
  • カウンセラー
  • ソフトボール
  • バレーボール
  • 卓球

 

ざっと思いつくだけでもこれだけあります。

(ちなみに、スポーツ系はぜんぶ学校の部活です。)

 

何かを始めるのって、道具をそろえたり基礎知識をつけたり、お金も労力もかかります。そこをクリアして「始めることができた」ということは、それだけですごいことだと思います。(二回目)

 

ということで、今日は過去に自分が「始めたこと」を書き出して、「私(俺)すごーい!」って褒める日にしましょう。(なんのこっちゃ)