読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

嘘にまみれた「私」の脱ぎ方

人から嫌われないために装っていた「私」を脱ぎ捨てて、素の自分で生きていく決意をした私の大暴走をご覧あれ!

「楽しいこと」を我慢することで、自分からエネルギーの流れをせき止めてませんか?

近、ずっと放置していたツイッターの更新も再開しました。

私の活動をリアルタイムで配信しています。

noteの方でもけっこう頻繁に新しい記事を書いています。

note.mu

twitter.com

実は、私は過去にツイッターとブログ(今のnoteみたいなスタイルの)を封印したことがあって、それ以来、「やりたいな」と感じながらもあえてやらないようにしてきました。

「楽しいことに流されていたらダメになる」と思い込んでいたからです。

 

先日、やっとそれに気づいて、呪いを解きました。

ツイッターもnoteもやりまくりです。

結果、筆の乗りがめちゃくちゃよくなったので、今日はそんな話をしましょう。

 

 

当時、ブログとツイッターが楽しくて、それこそ毎日のように更新していました。

ツイッターの方はくだらない内容も多かったけど、プロの詩人さんを交えて連詩を作ったり、仲良しグループの子たちとのふざけあいから小説のネタが浮かんだり、創作には確実にプラスになっていました。

 

ブログはエッセイ的な内容が多かったのですが、そこに書いたことがきっかけで新しい物語が生まれることもしばしばで。

 

本当に毎日楽しくて生き生きしていました。

書くことは孤独な作業なので、「スランプ気味だー」とか「ちょっと息抜き」とか、些細な会話を交わせる場所があるのは本当にありがたかったです。

会ったこともない人たちだったけど、精神的にものすごく支えてもらっていました。

 

でも、楽しければ楽しいほど、「このまま続けていてはいけない」という思いが強まっていきました。

 

思い当たる理由は、母の言葉です。

 

私はおしゃべりなので、割と何でも母に言ってしまう癖がありまして……。

ツイッターでの面白いやり取りとかも報告していたんですね。

 

そしたら、言われちゃうんですよ。

 

「ツイッターで遊んでる場合か」

 

って。

 

親としてはそりゃあ心配になりますよね。

娘が仕事もせずに小説書いてるってだけでも不安なのに、その上、毎日のようにツイッターで遊んでる(小説の話はあまりしないから、聞く側からすると遊ぶことしかしていないように聞こえる)わけですから。

 

ブログに関しても同じような感じで、

 

「ブログはいいけど小説は書いてるんかいな」

 

って、呆れられてしまって。

 

すると、なんだか不安になってくるんですよ。

 

「楽しいことに流されていたらダメになる」って。

 

もともとストイックに傾きやすい性格なので、それからしばらくしてツイッターもブログもキッパリやめました。

 

いま振り返ってみると、そのあたりから私にとっての創作氷河期が始まった気がします。

お金を払って学校に通っていたので、書くことには書いていたんですけど、なんかずっと苦しくて、書くことが苦痛になっていました。

 

その後、いろいろあって、「楽しいこと」は悪いことではない、むしろ「楽しい!」と感じる方向へ進むことで流れがよくなる、ということを学んだわけですが……。

 

ツイッターに関しては呪いが強力だったらしく、「時間が無駄になるからダメ」と頑なに禁止令を出していました。自分で。

ついでにnoteに関しても、「あまりハマりすぎちゃいけない」という変な抵抗があって。

 

先日、そのことにやっと気づいて、冒頭にも書いたようにツイッターを解禁しました。ついでにnoteの方も書きたくなったときにバンバン書くようになりました。

そしたら、久しぶりにフロー状態に入ることができました。

 

ここ数カ月はけっこうコンスタントに書けてはいたのですが、やはりどこかに無理があって、書き始めても「何枚進んだかな?」とか「何か口に入れたい」とか、集中力が途切れ途切れににか続かなくて……。

 

それが今日は水分補給を忘れて頭痛がするくらい集中し続けていました。

一時くらいから書き始めて、なんやかんやで気づいたらもうこんな時間♪

ふだんはパソコンの前に座るだけでも意志の力が必要なのに、今は書く手を止めることの方が大変です。(そろそろ洗濯物取り込んで夕飯の支度をしたいのに笑)

 

「楽しいこと」を我慢することが、いかに流れを悪くするかを改めて実感しました。

もう、デメリットしか感じない!

 

なんでこんなに我慢してたんだ、私(笑)

 

ということで、「楽しいこと」を我慢することは、自分からエネルギーの流れをせき止めることだよ、というお話でした。

 

さいごに

れの悪さはずっと感じてたんですけど、食事制限のことばかりひっかかっていて、まさかこんなところで我慢しているなんて思いもしませんでした。

これからが楽しみです!!!!