読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

嘘にまみれた「私」の脱ぎ方

人から嫌われないために装っていた「私」を脱ぎ捨てて、素の自分で生きていく決意をした私の大暴走をご覧あれ!

そろそろ自分が「社交的であまり人見知りしない人」だってことを受け入れようと思います!

日、フリーター時代の友だちから、「最初の印象でコミュニケーションめっちゃすごい人やと思った」と言われてびっくりしました。

だって、当時の私は対人恐怖がマックスの状態だったから。

しかも、私からするとその子の方が誰とでもうまくやっているイメージだったので、本当に衝撃的でした。

f:id:chelsea-labo:20170324105307j:plain

それで思い出したことがあります。

私は昔からよく「人見知りしなさそう」とか「社交的」とか「友だち多そう」なんて言われていたんですけど、実際はぜんぜんそんなことないと思っていたんです。

そういうことを言われると、「ひえ~。私を高く見積もらないで!」と及び腰になっちゃってました。

 

 

たぶん、そう言ってくれる人は、本人が話しかけやすい雰囲気だったり、聞き上手だったり、私と興味の対象が似ているだけなのだろうな、と考えていました。

それもきっと真実なのだと思います。

 

でも、他人からの「あなたはこんな人だね発言」って、自分で気づいていない魅力を伝えてくれるものだという話を聞いてから、「そんなことない」って思うことに違和感を覚えるようになっていました。

 

なので、そろそろ、受け入れてみようと思います。

 

私、社交的であまり人見知りしなくて友だちが多い人……みたいです(笑)

まだ、たぶん、そういうことを言われたら「ぜんぜんそんなことないよー」って否定しちゃいそうだけど、今年は「うん、そうやねん!」って言える自分になれるといいな。