読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

嘘にまみれた「私」の脱ぎ方

人から嫌われないために装っていた「私」を脱ぎ捨てて、素の自分で生きていく決意をした私の大暴走をご覧あれ!

好きな人に「一人でも大丈夫」と強がることは、相手を拒絶することと同じだった!

人と付き合いたての頃をぼけーっと思い出しながら、当時は今と真逆のことをやってたなーって考えてました。

当時は心屋のことなんてぜんぜん知らなかったので、おもしろいくらい「さげまん」的な行動ばかり取ってたよ(笑)

 

f:id:chelsea-labo:20170329193803j:plain

特に記憶に残ってるのは、「一人でも生きていけるから大丈夫」っていう強がり。迷惑かけませんアピールに必死でした。

頼りにしたら彼の負担になる、そうなったら「重い」って振られるのだと思い込んでたんです。

 

 

よく覚えてないけど、彼は寂しそうな反応をしていた気がします。

今ならその理由がはっきりわかります。

 

私の強がりは、私を幸せにしたい、喜ばせたいと思ってくれている彼にとって、そういう気持ちを拒絶されることと変わらなかったのだなあ、と。

 

じゃあ、「あなたがいないと生きていけない」と言えばいいのかというと、たぶんそれも違う。そこまでいくと本当に重くなっていたと思います。

 

そうじゃなくて、「あなたがいることで私はこんなに幸せになってる!」ということを伝えていくことが、一番大切なんだろうなって感じています。

 

さいごに

から最近は、彼と一緒にいて「楽しい!」「幸せ!」って感じたら、積極的に言葉にするようにしています。