読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

嘘にまみれた「私」の脱ぎ方

人から嫌われないために装っていた「私」を脱ぎ捨てて、素の自分で生きていく決意をした私の大暴走をご覧あれ!

主婦湿疹が教えてくれたこと! 痒みは思考に偏りすぎているサインらしい

は高校生の頃から主婦湿疹に悩まされているんですけど、塩浴(詳しくは⇒脱ステロイド達成!主婦湿疹でボロボロだった手が○○水で綺麗に治った ※軽い傷口の写真アリ )というのをやるようになってからは、だいぶマシになっていました。

 

 f:id:chelsea-labo:20170408125251j:image

 

でも、最近サボりまくっているせいか、症状が悪化してどうにもならなくなってきました。

仕方なく、過去に処方してもらったステロイドに頼る日々です。

 

 

主婦湿疹の原因って、調べるといろいろ出てくるんですけど、私は銀歯を入れていることによる金属アレルギーを疑ってたんです。

 

で、それならもう仕方ないなと。

 

でも、やっぱり皮膚科に通い続けるのは面倒だし、いろいろ手に塗りたくって湿疹ができないように気をつけながら生きていくのもかったるい!

 

「なんか根本的に治す方法はないのか!?」

 

と若干キレながらグーグル先生に相談していたら、面白い記事を発見しました。

 

 

ameblo.jp

 

こちらの記事に、「痒みは『頭で考えすぎている』というメッセージ。痒みを出すことで考えられないようにしてくれている」ということが書かれていました。

 

これが心当たりありすぎて、ストーンと腑に落ちました。

 

そういや、痒くて搔きむしってる時って、無心だな〜と。

 

よくよく思い返してみると、もともと感覚的に動くタイプだったのに(というか、みんな子どもの頃はそういうものなのかな?)、中学生くらいから考えることが多くなり、高校生あたりで思考が優位になり始めていたなと。

 

それで、バランスが崩れてしまったのだと思います。

 

なので、バランスを取り戻すため、一度、期間を決めて完全に感覚だけで動くということを徹底してみようかなと思います。