読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

嘘にまみれた「私」の脱ぎ方

人から嫌われないために装っていた「私」を脱ぎ捨てて、素の自分で生きていく決意をした私の大暴走をご覧あれ!

新居が決まりました♡来月の後半から同棲生活スタートです

日、ツン様と一緒に住む部屋を探しに行ってきました。

f:id:chelsea-labo:20170514131913j:plain

部屋探しって、なかなか理想の物件が見つからなくて、物件を回るたびにどんどん不安になっていくというイメージが強かったんですけど、今回はあっけないくらい簡単に部屋が決まってしまいました。

 

 

ツン様は基本「なんでもいい」というタイプなのですが、私がめちゃくちゃこだわるので、選択肢は最初からかなり絞られていました。

 

だから、余計に不安だったんですよ。

 

「わがままを言って男性二人(一人は不動産屋さん)を困らせている」

 

という罪悪感もありました。

 

でも、今回は一番最初に見せてもらった部屋が条件にピッタリで、プロパンガスであること以外は合格点、というか理想以上。

 

プロパンガスは業者にもよるけど都市ガスよりかなりガス代が高くつくので、そこは本当に彼次第という感じでしたが……

 

「まあ、そこは稼いだらいいやろ」

 

と、ここで男前発言が(/ω\)♡

 

あっさりガス代の問題が解決して、この部屋に決定★

本当は昨日は下見で、まだ申し込みまではしない予定だったんですけど、特に先延ばしにする必要もないのでその場でとりあえず入居申し込みを済ませてきました。

 

とんとん拍子に進んで、いまのところいい流れです。

 

それから、ちょっと話はズレるんですけど、実は内覧した中にもう一件、巨大なウォークインクローゼット付で築年数も浅い、私からすると「豪華すぎてビビる!」っていう感じの部屋がありました。

家賃は高めだけどそっちは都市ガスなので、ツン様が「こっちでもいけるで」って言ってくれたんですけど……

 

なんとなくツンツンした雰囲気が好きじゃなくて、個人的にはあまり惹かれませんでした。

(どっちみち駅や図書館から離れすぎているので、免許を持たない私には厳しい環境でした)

 

高級(っていうほど大げさなものではないけど)ならいいっていうもんでもないんですね。勉強になりました。

 

まとめ

んなわけで、来月の後半から月末までの間に引っ越します!

同棲生活をスタートすることで、パートナーシップの難易度は上がるでしょうが、その分お伝えできることも増えると思います。

来月以降のつるぞのに乞うご期待!

 

余談

貸物件って「家族もしくは婚約者」以外の同居は審査が通りにくいらしく、不動産屋さんの勧めで私も婚約者として申請しました。

申込書に「婚約者」って書くっていう、ただそれだけのことなのにめっちゃドキドキしました。

これが本当になるといいなあ♡